QLOOKアクセス解析
 

PING送信プラス by SEO対策

■プロフィール

ピカードパパ

Author:ピカードパパ
FC2ブログへようこそ!

■ブックマークボタン

ブックマーク

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
フランク・シェッツィング(著)「深海のYrr(上)(中)(下)」★★★★★
  
深海のYrr(上) 深海のYrr(中) 深海のYrr(下)

■内 容

 ドイツ人作家による海洋SF・ディザスター小説。

 ノルウェー海でメタンハイドレート層を掘り続けているゴカイの変異種。
 カナダ西岸では船舶をクジラやオルカの群れが襲う。
 フランスではロブスターに潜む病原体が猛威を振るい、世界各地で猛毒のクラゲが出現、したり、謎の船舶沈没事故が頻発する。
 病原体を持つ目のない白いカニがアメリカの大都市を襲う。
 さらに海底の巨大地滑りで大津波が起きてヨーロッパ北部の都市は壊滅してしまう。

 突如として人間に牙をむきはじめた海。
 原因を究明し、人類の危機は救われるのか!?

■感想など

 500頁を超す文庫本3冊からなる本書には圧倒される。
 なんたるスケール!!(本の厚さと、物語のスケール共に)
 『ディープ・インパクト』とか、『インデペンデンス・デイ』などのハリウッドの大仕掛けな映画を思わせる肌合いの小説。
 藤崎慎吾の小説『鯨の王』をド派手にしたような感じもしました。
 また、先日亡くなった「マイケル・クライトンを思わせる小説」と解説にも書かれていましたが、小生も同感です。
∞∞∞
 地球の危機を起こす知性体と遭遇することになるのですが、目があって手足があるような人間の想像しやすい知性体ではなく、思考や感情も根本的に人間とは違いコミュニケーションを取ることにも困難を極める。
 この人間と異なる存在の『異質』さを描こうとする作者の思いは真摯。
 生物の定義も人間が想像するものとは限らないと言う考え方には真理があると思います。
∞∞∞
 環境先進国のドイツで出版された作品なので、地球環境への強い想いも伝わってきます。
 ただし、捕鯨国日本への眼差しには厳しいものがあり、日本人として忸怩たる想いも・・・。
∞∞∞
 地球の危機を救うミッションをアメリカがリードします。
 米軍やCIAが幅を利かせ、陰謀も・・・・。
 アメリカの一国主義を痛烈に批判する内容は、さすがにブッシュの8年に生まれた作品だと感じます。
∞∞∞
 アクション有り、陰謀有り、パニック有りでサービス満点。
 とにかく、思い切り大風呂敷を広げた超大作を楽しむことができました。



ブログランキングブログランキング





海外SF・ファンタジー | 16:26:59 | トラックバック(0) | コメント(0)
コーマック マッカーシー(著)「ザ・ロード 」★★★
ピュリッツァー賞作品
ザ・ロード
■内 容

 核戦争後と思われる破滅したアメリカ。
 あらゆる動植物がほとんど死に絶え、灰が薄く積もった世界を父と子がひたすら南へ向かう。
 荒廃した社会にあって無垢の心を持ち続ける子と、息子を守るためにひたすら前進を続ける父親を描いたロードノベル。

■感想など

 破滅後の世界を描いた文学とSFがクロスオーバーした作品。
 ストーリーの中心を為す親子の物語は文学的で、「核戦争後と思われる灰に覆われたアメリカ」と言うSF的な設定は舞台背景でしかないのかな・・・。
-◆-
 息子はストイックなまでに善良な心を持ち続けていて、父親が廃墟となった家に残っていた食糧や道具を持ち出そうとしても「盗んだことにならないか」と心を痛める。
 生き残るためには盗みや殺しが常となった破滅後の世界で、無垢な息子の心を出来る限り傷つけずに、サバイバルを続ける父親の葛藤・・・・。
-◆-
 SF的な世界の救済もなく、アクションも何もなく、これと言った目的地があるでもない親子の絶望に満ちた旅の様子がひたすら描かれていて、ダイナミックな娯楽作ではない。
 子供の命とピュアな心を失わないために、命をすり減らす父親の心象を追うことで得られる静かな感動がこの物語のすべて。

 あとがきにはN・シュートの『渚にて』や、S・キングの『ザ・スタンド』、J・ウインダムの『さなぎ』を類書として揚げていたけど、全く別物だと小生は感じました。
 敢えて上げればJG・バラードかな・・・。
-◆-
 2009年版『このミス』でも本作を高く評価する書評家がおられたが、小生はやや退屈したまま読み終えました。(程度の低い小生の脳みそを刺激しない文学作品です)


ブログランキングブログランキング



I/Oデータ ウイルススキャン/ハードウェア自動暗号化機能搭載セキュリティUSBメモリー 1GB【税...









海外SF・ファンタジー | 17:01:08 | トラックバック(0) | コメント(0)
ベルナール・ウエルベル(著)「星々の蝶」★★★
星々の蝶

■内 容

 戦争や環境悪化で地球の未来に希望を持てない航空宇宙研究家イヴ・クラメールは巨大な膜に星の光を受けて推進する宇宙帆船で第二の地球を目指す夢を持っていた。
 この構想を知ったIT長者が資金提供して超巨大宇宙帆船「星々の蝶」が完成。
 14万人あまりの人間が乗り込み、何世代もかけて千年の旅に臨む。

■感想など
 『蟻』シリーズや『タナトノート 死後の世界への航行』でおなじみの著者によるエクソダスSF
 愚かな人類に絶望し、新たなユートピア作りを目指して夢のような巨大宇宙帆船プロジェクトを計画し、宇宙に旅立つイヴ・クラメールたち。
 新天地に向かう旅を「人類の最後の望み」と言う登場人物達の言葉から、著者が抱いている戦争、宗教対立、暴力など現代社会への絶望感が強く反映されたています。
-◆-
 「星々の蝶」の千年の旅で14万人の乗組員は、当初は政府や警察など権力機構は置かない善意と思いやりに依拠した社会作りを進めたが、世代を経て時が流れた後には皮肉にも宇宙船内に二つの相争う王国ができてしまい、出発メンバーが抱いた平和なユートピア社会は夢と散ってしまいます。
 人間の本質は争うや暴力を好むのか?
-◆-
 千年を経て遂に目的地の惑星を発見した時には、殺し合いを続けたせいで生き残った乗組員はわずかしか残っていない。
 そして、惑星に降り立った男女も・・・。

 ユートピア小説でもありディストピア小説でもあるこの作品はキリスト教思想により人類の原罪なども描かれているのかな・・・思索に浸るには絶好の作品です。
-◆-
 英米作品に比べるとユニークでなかなか楽しめた作品でした。
 ただし、訳文が読みづらい。
 原文のフランス語を知らない小生が言っても説得力ゼロだけど、日本語として読みづらくて本当に原文通りなのか疑問に思う箇所がありました。







 テンペスト 上(若夏(うりずん)の巻)

 テンペスト 下(花風の巻)






ブログランキングブログランキング





海外SF・ファンタジー | 14:28:19 | トラックバック(0) | コメント(0)
A・C・クラーク/S・バクスター(著)「太陽の盾」★★★★★
タイム・オデッセイシリーズ「2」
 太陽の盾
■内 容
 2037年6月9日、史上最悪の太陽嵐が地球を襲い、あらゆる電子機器が甚大な影響を受け、電子化された社会は通信、電気などが途絶え、自動化された交通システムもダウンし事故が多発。
 電磁誘導による電線の過熱などで火災も起き、都市は瀕死の状態に・・・。
 この太陽嵐を予測していた若き天文学者ユージーンは、さらに強大な太陽嵐が2042年4月20日に起こると予測した。
 地球を焼き焦がすのみならず、太陽系全般にも影響が及ぶ規模のカタストロフィが5年先に起こるのだ。
 人類ぼ生存をかけて、科学者たちは宇宙空間に地球サイズの薄膜でできた「盾」を設置し、太陽の巨大なエネルギーを防ごうという計画に着手する。
 人類に未来はあるのか・・・。

■感想など
 前作『時の眼』につづく〈タイム・オデッセイ〉シリーズ第二弾。
 今年3月に亡くなったA・C・クラークと、今最も魅力的なハードSFを生み出す作家スティーヴン・バクスターの共著は、真面目で精緻な造りで、小生のような昔気質のハードSFファンには最高のごちそうです。
-◆-
 地球滅亡を科学の力で阻止する本作に流れる精神は、ハードSFの神髄です。
 物理学などに精通する著者の「科学技術への信頼」は確固たるものがあり、近未来の技術に対する姿勢は楽観的です。
 また、小説世界における「国際政治」や「人類の紐帯」という面でも楽観的ですが、現実にベルリンの壁が崩れたことを考えれば、30年先の未来がどうなっているかは予想できませんね。
-◆-
 地球を襲うカタストロフィの影に存在する異星人ファーストボーン。
 その深遠なる生存由来はクラークの『幼年期の終わり』バクスターの「ジーリー」シリーズに底通するものがあり魅力的で神秘的な設定です。
-◆-
 地球のネット上に生まれた人工意識・知能「アリストトレス」
 月面社会には「アリストトレス」の分身「タレス」が存在し、太陽の盾には「アレス」が生まれて人類は彼らを「知的生物(非人類)」として法的に保護している。
 この存在は、『2001年宇宙の旅』の”HAL”を思い出させます。
 「アリストトレス」みたいに”紳士的”な人工知能が本当にいたら、彼らを人類の友としてもっと豊かに暮らせるのだろうなぁ・・・。
-◆-
 ”太陽の盾”の建設に用いる資材は主に月面から打ち出されるのですが、ロバート・A.ハインライン の古典的名作SF『月は無慈悲な夜の女王 』へのオマージュになっているように感じました。
 また作中では「軌道エレベーター」も話題に上がりますが、これはA・C・クラークの『楽園の泉』ですね。
 『楽園の泉』が出版された当時は「軌道エレベーター」は夢物語でしたが、技術的にはほぼ建設可能な域に達し、やる気と資金の問題だけみたいです。(「ガンダム00」でも軌道エレベーターが大きな役割を果たしていますね)
 10年で49兆円使う道路特定財源が有れば、「軌道エレベーター」は現実のモノになるようです。
-◆-
 とにかく、文句なしのハードSFを堪能できました。
 A・C・クラーク逝去でシリーズの先を心配してしまうのですが、第3弾は既に完成済みとのこと。
 これほどのハードSFを味わえる機会はなかなか無いので、続編を早く手に取りたいものです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

 時の眼
 月は無慈悲な夜の女王


22%OFF 送料無料エルゴラピード・アップグレイド 2in1 ダイヤモンドサンド ZB2811 「エレ...





ブログランキングブログランキング





海外SF・ファンタジー | 09:42:22 | トラックバック(0) | コメント(0)
スティーヴン・グールド(著)「ジャンパー(上)(下)」★★★

ジャンパー(上)

ジャンパー(下)


■内 容
 映画「ジャンパー」のもととなった作品。
 主人公デイヴィッドは奥手で読書好きの冴えない高校生。
 父親からの暴力を逃れようとした瞬間にテレポーテーション能力が目覚めたデイヴィッドは、アル中のオヤジのもとを離れニューヨークへ向かった。
 やがて彼は或る事件をキッカケに、捜査当局から追われたり中東のテロリストと対決することに・・・・。

■感想など
 まずまず面白かったけど、上巻の終盤まで展開が緩くて少し退屈でした。
下巻に入ってから、ようやくテンポも良くなり、主人公デイヴィの冒険が楽しめました。
 基本的には50歳が近づいた中年オヤジの小生が読む小説ではなく、高校生などの若い人向きかな・・・。
-◆-
 この作品はテロが関係しているのだけど、9.11以前の1992年に出版され作品なので、少し時代の古さを感じちゃう。
 主人公デイヴィを追う捜査官は無許可の盗聴とかを違法行為とされるのだけど、ポスト9.11のアメリカなら”テロとの戦い”のために「愛国者法」を持ち出して捜査手法は何でも有りだから、デイヴィは米国捜査当局に捕まっちゃう。
 9.11の前とあとではCIAや国家安全保障局の諜報能力に大きな差があって、90年代に出版された小説でさえ古き良き時代に感じてしまいました。。
-◆-
 それから、いまでは普及した「マイレージ」という単語も、「登場距離累積サービス」とか何とかややこしい訳語になっている。
 1992年から今日に至る15~6年で世界は大きく変わった・・・「9.11で世界は変わってしまった」ということを実感してしまう作品でした。







ブログランキングブログランキング





海外SF・ファンタジー | 15:30:30 | トラックバック(0) | コメント(0)
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。