QLOOKアクセス解析
 

PING送信プラス by SEO対策

■プロフィール

ピカードパパ

Author:ピカードパパ
FC2ブログへようこそ!

■ブックマークボタン

ブックマーク

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
恩田 陸 (著)「ねじの回転」★★★☆
ねじの回転ねじの回転

 人類を悲惨な運命から救うため、時間遡行装置による歴史の介入点に選ばれた1936年2月26日、東京。
 この日の未明、雪の中で陸軍の一部決起将校が近衛師団の近衛歩兵第三連隊、第一師団の歩兵第一連隊、歩兵第三連隊の1,483名の将兵を使いク-デタ-を起こします。午前5時に一斉に、総理官邸、高橋是清蔵相私邸、麹町の鈴木貫太郎侍従長官邸などを次々に襲撃、警視庁、陸軍省、陸軍大臣官邸、参謀本部を占拠。決起将校は、霞が関から三宅坂周辺を完全に占拠し、「昭和維新」の断行を迫る。
 恩田 陸の歴史改変SF長編です。

 石原莞爾大佐ら、実在の将校が、時間遡行装置による国連の歴史干渉に翻弄される。
 日本の在り方、歴史観を考えさせる作品で、結構緊迫感を持続しながら読了出来たのですが、結局、面白い作品なのかどうか、よく分からない。
 あいかわらず、不可思議な読後感を抱かせる 恩田 陸。

 奇しくも、建国記念日に読了したので、我が国の歴史の1頁を読み直した気分。
 2.26事件は、なにをこの国にもたらし、運命を変えたのか。
 そういう事を考えさせる本作は、やはり凡百の作品ではないのだろうなぁ。



イチョウ葉エキス

ホワイトコラーゲン 250g

【♪送料・代引き無料♪】大豆抽出物(イソフラボン含有)【ナノコエンザイムQ10】











スポンサーサイト


日本SF・ファンタジー | 00:01:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。