QLOOKアクセス解析
 

PING送信プラス by SEO対策

■プロフィール

ピカードパパ

Author:ピカードパパ
FC2ブログへようこそ!

■ブックマークボタン

ブックマーク

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
瀬名 秀明 (著)「デカルトの密室」★★★
デカルトの密室デカルトの密室

 AIコンテストに参加したロボット工学研究者の尾形は十年前に死んだはずの天才科学者フランシーヌ・オハラと再会する。
 その後、尾形は何者かに密室に幽閉され、フランシーヌは尾形が開発したロボット・ケンイチに射殺される。
 AIをもつロボットは自由意志で殺人を犯したのか・・・。

 題名から連想できるとおり、哲学的なテーマの作品で、決して読みやすくはありませんでしたが、「力作だなぁ。」と感じました。
 「ぼく」と言う自分を表す人称が複雑に入り組んで使われるため、「ぼく」が「誰か」を理解するのもややこしくて、ストーリーを追うことさえ難しかった。

 自分とは何か、意識とは何か、自由意志とは何かを問いかけ、ロボットも意志を持ち得るかを追究する著者の頭脳に、小生はついていけない感じ・・・。
 作中にもアシモフの名が出てきますが、アシモフの三原則ぐらいが小生には口に合います。


ホワイトコラーゲン 250g

【♪送料・代引き無料♪】大豆抽出物(イソフラボン含有)【ナノコエンザイムQ10】

■日本 冒険・ミステリー感想リンク
◆横山 秀夫 (著) 「顔」
◆横山 秀夫 (著)「クライマーズ・ハイ」
◆横山 秀夫 (著)「看守眼」
◆横山 秀夫 (著)「真相」
◆横山 秀夫 (著)「動機」
◆横山 秀夫 (著)「半落ち」
◆横山 秀夫 (著)「臨場」
◆宮部 みゆき (著)「理由」
◆東野 圭吾 (著)「殺人の門」
◆東野 圭吾 (著)「片想い」
◆高嶋 哲夫 (著)「ミッドナイトイーグル」
◆瀬名 秀明 (著)「デカルトの密室」
◆服部 真澄 (著)「GMO〈上〉〈下〉」
◆福井 晴敏 (著)「6(シックス)ステイン」










スポンサーサイト


日本冒険・ミステリー | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。