QLOOKアクセス解析
 

PING送信プラス by SEO対策

■プロフィール

ピカードパパ

Author:ピカードパパ
FC2ブログへようこそ!

■ブックマークボタン

ブックマーク

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
山田 正紀 (著)「神狩り 2 リッパー」★★★
神狩り(2)
神狩り(2)

 30年前、15歳で名作「神狩り」を読んだときには、これぞ日本SFの傑作中の傑作だと感激し、SFがもつ「センス・オブ・ワンダー」「未知への好奇心」を圧倒的に味わい、山田正紀に魅せられて、弥勒戦争や宝石泥棒などを次々に読みあさったものでした。

 そして、満を持して神狩り2が出版されました。
 大きな期待をもって読み始めましたが、残念ながら30年前の感動は味わえませんでした。読んでる自分の脳が老化してみずみずしく読み進められなくなったのか、少し悲しい気分でさえあります。
 作者はあとがきで、SFは格好良くなければならない、そして今またカッコイイSFに帰ってきたと宣言しています。
 たしかに科学技術の進歩によるあたらしいガジェットや、意外なアクションはカッコイイのかもしれないけれど・・・
 僕が読みたいのはそんな「カッコイイSF」ではなく、不思議な感覚で読者を幻惑するような新たな水平線を進むSFです。
 カッコイイSFはギブソン達にまかせて、骨太の作品を読ませてください。


火星ノンストップ
伊坂幸太郎(著)「死神の精度」

■日本SF・ファンタジー感想リンク
◆筒井 康隆 (著)「銀齢の果て」
◆小松左京 /谷甲州(著)「日本沈没(第2部)」
◆山田 正紀 (著)「神狩り 2 リッパー」
◆谷 甲州 (著)「パンドラ (上) (下)」
◆小川 一水 (著)「老ヴォールの惑星」
◆谷口 裕貴 (著)「ドッグファイト」
◆町井 登志夫 (著)「血液魚雷」
◆藤崎慎吾 (著)「ハイドゥナン〈上〉〈下〉」
◆林 譲治 (著)「ストリンガーの沈黙」
◆石黒 耀 (著)「死都日本」
◆池上 永一 (著)「シャングリ・ラ」
◆恩田 陸 (著)「ねじの回転」
◆機本 伸司 (著)「メシアの処方箋」
◆機本 伸司 (著)「僕たちの終末」
◆荒俣 宏 (著)「妖怪大戦争」
◆菅 浩江 (著)「おまかせハウスの人々」
◆有村 とおる (著)「暗黒の城 」












スポンサーサイト


日本SF・ファンタジー | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。