QLOOKアクセス解析
 

PING送信プラス by SEO対策

■プロフィール

ピカードパパ

Author:ピカードパパ
FC2ブログへようこそ!

■ブックマークボタン

ブックマーク

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
貴志 祐介(著) 「硝子のハンマー」★★★☆
硝子のハンマー 硝子のハンマー

貴志 祐介(著) 「硝子のハンマー」は、ホラーでおなじみの著者初の本格ミステリ!
有人のフロア、監視カメラ等の厳重なセキュリティを破り、自室で被害者は撲殺された。凶器は、殺害方法、すべてが不明の完璧な密室トリックに、女性弁護士と、防犯器具販売を手がける防犯コンサルタントが挑むストーリー。
前半は、比較的ゆっくりと平板に展開が進むが、後半はがらりと様相が変わり一気にラストへと続きます。

小生、図書館利用の読書家ですが、「硝子のハンマー」は評判が高かったため、ようやく書架に戻ってきたので思わず手に取ったほど待ちわびて読み始めました。
 これほど高い期待を持って読んだので、少し評価は低めにならざるを得ないのですが、『黒い家』の何とも言えぬ怖さに匹敵する感情を、「硝子のハンマー」から受けることはありませんでした。
後半の件は、さすが著者の筆力を感じましたが、前半は少し起伏がなかったなぁ。
 でも秀作です、充分水準作品です。
 では、図書館に返却に行って来ま~す。


黒い家 黒い家

SONY メモリーオーディオ NW-E95
SONY メモリーオーディオ NW-E95



スポンサーサイト


日本冒険・ミステリー | 00:02:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。