QLOOKアクセス解析
 

PING送信プラス by SEO対策

■プロフィール

ピカードパパ

Author:ピカードパパ
FC2ブログへようこそ!

■ブックマークボタン

ブックマーク

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
『ウール 上・下』ヒュー・ハウイー★★★★★
 


【 概要 】

サイロ三部作の1作目。

世界が終末を迎え、人類は地下144階建ての「サイロ」で、限りある資源を再利用しながら暮らしていた。
外の世界に出られるのは、レンズを磨く「清掃」の時のみ。
「清掃」とは死刑を意味しており、一旦外に出た者は生きて「サイロ」に戻ることはなかった。

そんな世界で機械工のジュリエットが、視聴に無込まれて保安官になりながらも、IT部の陰謀で失脚し、「清掃」刑に処せられる・・・・。

【 感想 】

ジュリエットが艱難辛苦の末に、一般市民が誰も知らなかった隣のサイロにたどり着き、内戦状態の故郷のサイロとコンタクトを取るまでの波瀾万丈・・・・ノンストップで起こる出来事へのジュリエットの「反攻」に引きつけられて、読み出すと先へ先へと進みたくなりました。

50あるサイトを巡る謎めいた世界の仕組みや、なぜ人類が破滅したのかという疑問も魅力的。

SFガジェットの羅列みたいな文章では無く、ある種の「古風なSF」を思わせる肌合いも好みに合いました。

とにかく物語が走っていて、物語世界に連れ込まれるような一品でした。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




・ふるさと納税~総務省HP
スポンサーサイト


テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

海外SF・ファンタジー | 13:17:46 | トラックバック(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。