QLOOKアクセス解析
 

PING送信プラス by SEO対策

■プロフィール

ピカードパパ

Author:ピカードパパ
FC2ブログへようこそ!

■ブックマークボタン

ブックマーク

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
柴田 哲孝(著)「中国毒」★★★★現実と創作の境目
どこまでが現実で、どこからが創作か・・・柴田 哲孝の「中国毒」
【送料無料】中国毒

【送料無料】中国毒
価格:1,995円(税込、送料別)


クロイツフェルト・ヤコブ病が近頃激増している・・・。
しかし厚労省からは何らの発表もない・・・。
『国民の気づかないところで、何かが進行している』

そんな最中に、厚生労働省健康局疾病対策課の尾崎裕司や東京医学大学教授・小野寺康夫が次々と殺害される・・。

ヤコブ病問題を追う週刊誌の女性記者、警察庁の外事情報部国際テロリズム対策課刑事、テロリスト・毒龍が錯綜する。

外務省と厚労省との力関係。
毒ギョーザ事件の顛末に、宮崎口蹄疫・・・そして日中関係。

首相は普天間問題で迷走し、”長沼”厚労大臣は政治主導を掲げて事務方から捨て置かれてる。
-◆-

現実に起きたことをリアルに重ね合わせ、そこにクロイツフェルト・ヤコブ病の謎のパンデミックを絡めた作品。

口蹄疫は中国産飼料が原因??
どこまでが創作でどこからが現実か分からなくなりそうな物語。
この作者独特の作風です。
-◆-

「日本が滅ぶ」という仄めかしがあるのだけど、作中のクロイツフェルト・ヤコブ病、あるいはクールー病は、インフルエンザほどの蔓延力を持たないので、ただちに日本が滅ぶような切迫感を感じられないのが残念・・・。

パニック小説ではないから、仕方ないかぁ・・・。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



・ふるさと納税~総務省HP
スポンサーサイト


テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

日本冒険・ミステリー | 17:10:07 | トラックバック(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。