QLOOKアクセス解析
 

PING送信プラス by SEO対策

■プロフィール

ピカードパパ

Author:ピカードパパ
FC2ブログへようこそ!

■ブックマークボタン

ブックマーク

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「特捜部Q 檻の中の女」ユッシ・エーズラ・オールスン (著)★★★★
デンマーク発の警察小説「特捜部Q 檻の中の女」
【送料無料】特捜部Q

【送料無料】特捜部Q
価格:1,995円(税込、送料別)


(まだお読みでない方にはネタバレになります)

コペンハーゲン警察のカール・マーク警部補は、関わった事件で同僚を一人殺され、さらに一人は障害を負ってしまう事件を経験。
仲間内で厄介者扱いされるカールは、未解決の重大事件を専門に扱う「特捜部Q」の統率を命じられた・・・要するに厄介払いです。

「特捜部Q」は警察署に地下に設置され、警官の部下はおらず、シリア系の変人アサドが事務から掃除までこなすアシスタントとして採用された・・・・。

少々変人的な警察官・カールと、何でも屋で怪しげな筋ともつながりのあるアサドのコンビが軽妙な面白さを醸し出します。

へたすると、カールよりも不思議な男・アサドの方が活躍したかもしれないなぁ。
-◆-

軽妙なカールとアサドのコンビとは対照的に、本編のメインである『女性議員ミレーデ・ルンゴー失踪事件』はシビアです。
加圧室に5年間も監禁されて、6気圧もの圧力に馴らされた身体は、1気圧の外界に戻ると破裂してしまうという過酷な状況。

とうに失踪して自殺したと思われていたミレーデを、カールたちが救えるか・・・という終盤は、ノンストップ状態で進みます。

ミレーデの、言葉が不自由な弟の絆も含めて、印象的なストーリーです。
-◆-

軽さと重さが良い塩梅に混交されていて、デンマークの異文化も興味深く、なかなか面白い警察小説でした。

「特捜部Q」という、ややキワモノめいた邦題も妙なインパクトがありますねぇ。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

海外ミステリー | 18:29:42 | トラックバック(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。