QLOOKアクセス解析
 

PING送信プラス by SEO対策

■プロフィール

ピカードパパ

Author:ピカードパパ
FC2ブログへようこそ!

■ブックマークボタン

ブックマーク

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
DVDで観た木村拓哉の「SPACE BATTLESHIP ヤマト」はデジャブ満載!?
木村拓哉の「SPACE BATTLESHIP ヤマト」をTSUTAYAで借りて観ました。

VFX ★★★★
ストーリー ★★
森雪    ★

アニメ版をリアルタイムで見た世代なので、映画館には怖くていけませんでした。
TSUTAYAで借りて、ようやく内容をチェックした次第です。
-◆-

VFXは、まずますです。
ハリウッドとは桁違いの予算でも、このレベルのVFXは作れるんですね。
とはいえ、もっともっと宇宙戦シーンだとかを増やせないのは、やはり予算の制限か・・・。


イスカンダルに向かって発進して、直後にガミラスの惑星ミサイルを波動砲で撃ち落とした後、もうもうたる煙からヤマトが抜けだしてくる場面は、艦首からの正面のカットで見たかったかな・・・。
アニメだと、艦首から進んでくるヤマトは良い絵になるんだけど、CG版だとパースが正確過ぎて迫力が出ないからだろうなぁ・・・。
-◆-

ガミラス側の艦隊は、オリジナルとは大きな違いがあって、『GALACTICA/ギャラクティカ』(リメイク版)のサイロン艦隊に近いかなぁ・・・。

宇宙戦闘機ブラックタイガーのコックピットも、どことなく『GALACTICA』の戦闘機バイパーを思わせるし、ブラックタイガーのパイロットになっちゃってる森雪は、『GALACTICA』のスターバックことカーラ・スレイス的な男勝りさを見せます。

そもそも、ガミラス星人そのものも、ヒューマノイドではなく、『スターシップ・トゥルーパーズ』の昆虫野郎どもを想起させる。

”ガミラス星/イスカンダル”での地上戦シーンも、地球人のやられ方がエグい点など、すごく『スターシップ・トゥルーパーズ』っぽい。

アナライザーが、戦闘機のナビゲーターとして機能するところは、思いっきり『R2-D2』ですしね。

古代のコスモゼロが変形するのは、ちょっぴり『マクロス』してました。

そんなこんなで、『GALACTICA』やら『スターシップ・トゥルーパーズ』やらの記憶のせいか、デジャブを感じる場面が少なくありませんでした。
-◆-

「キムタクの古代進なんて」と思っていましたが、DVDを見終ってからは「木村拓哉しか仕方ないのかなぁ」って感じ・・・。

ほとんど出番のない古代守役の堤真一がカッコ良かったなぁ・・・。

森雪役を黒木メイサが演じるなんて話にならないのですが、女神のような森雪に黒木メイサが合わせるのではなく、黒木メイサのキャラクターに力技で森雪を合せちゃうという逆転の発想で乗り切ってるから凄い!?

怖い森雪なんてあり得ないので、たまたま森雪と同姓同名の別人を黒木メイサが演じてるって感じです。

あと、古代と森雪のロマンスも、なんか唐突感が強かったなぁ・・・。
-◆-

ガミラス星とイスカンダルが兄弟星ではなく、一つの惑星で、ガミラスとイスカンダルは集合体生命の裏と表だという解釈はアリだと得心できましたけど、スターシァがいないのは淋しいな。

集合体生命の思考が実体化したデスラーは、伊武雅之さんが声を演じていて「ヤマトの諸君・・・」と古代たちに話しかけてくるから救いがありました。
やっぱ、デスラーは、伊武雅之さんじゃないとね。

そういう意味では、アナライザーの声が緒方賢一さんであることもヨカッタ。
-◆-

ドラマ部分は、ほとんどキムタク一色で、他の俳優さんはみんな脇役??
あっという間にイスカンダルに着いて、あっという間に地球に帰ってくるから、ストーリーが濃厚になるはずもないし・・・。

で、東日本大震災を経てから見ると、ガミラスの遊星爆弾で地上が放射能汚染されてることはキツイ。
キムタクが潜水服みたいな防護服で地上に出る場面とかがキツイ。

当分の間は、水爆実験の影響で生まれた『ゴジラ』とか、放射能汚染で地球が滅亡しかける『ヤマト』は、神経に触ってしまうのかなぁ・・・・。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

DVD・映画・映像 | 21:19:00 | トラックバック(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。