QLOOKアクセス解析
 

PING送信プラス by SEO対策

■プロフィール

ピカードパパ

Author:ピカードパパ
FC2ブログへようこそ!

■ブックマークボタン

ブックマーク

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
東野圭吾(著)「聖女の救済」★★☆☆☆
 おなじみのガリレオシリーズ。
 人気シリーズゆえに図書館では常に貸出し中だった本書を、ようやく今頃になって書架に発見!!
 読んでいると頭の中で福山雅治が奏でる「VS~知覚と快楽の螺旋♪」が鳴り響きました。
 で、作品のリーダビリティはさすがなのですが・・・。
聖女の救済

聖女の救済

価格:1,700円(税込、送料別)


内 容

 男が自宅で毒殺されたとき、離婚を切り出されていたその妻・真柴綾音は北海道に里帰りしており鉄壁のアリバイがあった。
 真柴綾音に魅かれる草薙刑事をしり目に、内海が女の勘を働かせ真柴綾音に的を絞るが、アリバイトリックの壁が立ちふさがり、ガリレオこと湯川に「東京にいる夫を北海道から毒殺できるか」という問いを投げかける。
 湯川が推理した真相は『虚数解』・・・・。

感想など

 『容疑者Xの献身』はうなるほどの傑作で、短編のガリレオシリーズも物理学者・湯川の謎解きが娯楽作として痛快。
 しかしながら、本作は『容疑者X』ほどの奥深さはなく、短編シリーズの小気味良さもない。
 そもそも、湯川が解決すべきトリックでもないような・・・。
 湯川に頼る必然性はなく、むしろ湯川を登場させることが目的化しちゃっています。

-◆-

 『容疑者X』の石神哲哉や花岡靖子にくらべると、本作の犯人・真柴綾音の魅力も乏しい。
 それどころか、草薙や内海までなんだか薄っぺらな感じ・・・。
 う~~ん?
 読みやすくて、サクサクと進むんだけど、なにか物足りないなぁ。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

ガリレオの苦悩

ガリレオの苦悩

価格:1,600円(税込、送料別)




スポンサーサイト


テーマ:図書館で借りた本 - ジャンル:本・雑誌

日本冒険・ミステリー | 20:27:41 | トラックバック(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。