QLOOKアクセス解析
 

PING送信プラス by SEO対策

■プロフィール

ピカードパパ

Author:ピカードパパ
FC2ブログへようこそ!

■ブックマークボタン

ブックマーク

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
池上彰(著)「14歳からの世界金融危機 」★★★★☆
 夏休みにあたって、我が息子(中1と高2)に読ませようと『45分でわかる! 14歳からの世界金融危機。 サブプライムからオバマ大統領就任まで。』を図書館で借りてきました。
 まずは、味見のために小生が先に一読・・・。
 池上彰さんの語り口そのままに、優しく丁寧にサブプライムローン問題以降の世界経済の危機が解説されておりました。
14歳からの世界金融危機。

14歳からの世界金融危機。

価格:800円(税込、送料別)


内 容

目次・・・・1 「世界恐慌」が起きてしまった 2 「サブプライムローン」が破綻した 3 原油価格が暴騰した 4 金融危機の第二幕始まる 5 アメリカで自動車が売れなくなった 6 原油価格下落で中東のバブルもはじけた 7 日本の銀行の貸し渋り始まる 8 世界中の金利がゼロに近づく 9 一九二九年の再現が 10 私たちは何をすればいいのか

感想など

 『14歳からの・・・』ですから、50歳の小生でも読者層に割り込んで行っても間違っちゃいない・・・と自分を納得させてからの一読。

 サブプライムローン問題が注目されてからオバマ大統領就任までの出来事は、あるていど社会問題に興味のある大人なら頭に入っていることばかりなんだけど、世界で起こった事象が時系列にそって整理され、丁寧に解説されているので、あらためてここ数年の経済危機について腑に落ちました。
-◆-

 米国の住宅バブルが、原油価格暴騰や、農作物高騰につながり、やがてリーマンショックなどの国際的金融危機や、円高につながっていく・・・。
 『ドミノ倒し』と言うか、『風が吹けば桶屋が儲かる』というか、関係なさそうな出来事が、負の連鎖を生みながら世界を駆け巡るさまが、よく理解できました。
-◆-

 2009年2月刊行なので、この本の終盤ではオバマ大統領就任への(過度の?)期待が記述されています。
 20世紀初頭の世界恐慌に際して、民間経済に介入しない共和党・フーヴァー大統領から、ニューディール政策で民間経済にも積極的に介入した民主党・フランクリン・ルーズベルト大統領に交代したことが、経済立て直しに大きな役割を果たしたことを引き合いにしたうえで、「ブッシュ→オバマ」の交代になぞらえ、政権交代の大切さを説いています。

 これは、我が国の政権交代への期待感にも繋がっているのですが、この本が今(2010年8月)刊行だったら、政権交代後の政治状況や今の日本経済についてどう記述されたかな・・・なんてことを思わずにはいられませんでした。

 時代の流れや社会の変化が速いせいで、刊行からわずか1年ほどで、オバマ大統領や我が国の政権交代への期待が色褪せてしまっていることに複雑な思いがいたします。
-◆-

 本の感想ではありませんが、著者の池上彰さんについて・・・。
 小生は池上彰さんの丁寧な語り口が好き。

 みのもんた、古舘伊知郎、福澤朗ら、アナウンサー出身のキャスターよりも、記者出身の池上彰さんの喋りの方が耳に入りやすい気がしています。
 話すときの”抑揚”と、他の人よりややゆっくり目の”テンポ”が絶妙で、聞く人に自分の話を分かってもらおうとする姿勢が滲み出ています。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村





スポンサーサイト


テーマ:図書館で借りた本 - ジャンル:本・雑誌

実用、教養 | 16:11:37 | トラックバック(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。