QLOOKアクセス解析
 

PING送信プラス by SEO対策

■プロフィール

ピカードパパ

Author:ピカードパパ
FC2ブログへようこそ!

■ブックマークボタン

ブックマーク

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
金曜ロードショー「サマーウォーズ」★★★★☆
 金曜ロードショー「サマーウォーズ」を観ました。
 細田守監督の「時をかける少女」が好きだったので、本作も期待していました。(それなら映画館に足を運べばいいのに・・・と自分にツッコミを入れる)
 で、最後にニコッとしながら見終えることができ、とっても良い気分・・・。

【 アバター 】

 ”アバター”繋がりってことで、ジェイムス・キャメロンの『アバター』と『サマーウォーズ』を比べたら、『アバター』の熱狂的ファンに叱られるのかなぁ・・・。(一時は『アバター』にケチつけたら炎上しかねない感じでしたものね。)

 資金力も、3D映像の美しさも、迫力も『アバター』が圧倒的に上ですが、ストーリーは『サマーウォーズ』の方が好き。
 『アバター』って、思いっきりベタですから。
 そういいながらも、実は『サマーウォーズ』の、家族愛とか人と人との繋がりとかのベタで温かい部分が好きなんで、『アバター』をベタだとケチつけるのもおかしいのですが・・・。

【 キャラクターが生き生き 】

 健二(神木隆之介)や夏希(桜庭ななみ)や祖父の万助(永井一郎)、曾祖母・栄(富司純子)ら、キャラクターが生き生きしてます。
 前向きで、明るくて、元気です!!
(死んじゃった婆ちゃんを元気だと褒めるのも変ですが・・・・富司純子さん、声だけでも存在感抜群!)
 こういう時代ですから、基本的に元気が出るような雰囲気に好感を抱きます。

【 元気玉 】
【23%OFF!】時をかける少女 【通常版】(DVD)

【23%OFF!】時をかける少女 【通常版】(DVD)

価格:3,799円(税込、送料別)



 「ラブマシーン」と花札で戦っている夏希のアバターが絶体絶命のピンチ。
 もうゲームオーバーかと思われた時、水知らぬ人々が次々とアカウントを託して夏希を救援。
 これ、≪元気玉≫ですよね。
 なんか、ありきたりな設定かもしれないけど、億単位の人が心を寄せ合って「ラブマシーン」を阻止しようとする様子に、やはり心が熱くなっちゃいます。
 現実社会では、「足の引っ張り合い」はあっても、「助け合い」はあまり見られないものだから・・・。

【 温泉出た~~~ 】

 小惑星探査機「あらわし」が、陣内家めざして堕ちてくる。
 健二がスキルを駆使してこれを阻止しようと必死。
 墜落したら皆ヤバイのに、夏希たちは逃げずに健二をフォロー。
 またまたベタに心が熱くなる~~~。

 で、健二が「あらわし」の進路変更に成功して、陣内家直撃を免れた。
 「あらわし」が激突した地面からはお湯が噴出して「温泉出た~~~」
 ホンワカした見事な落とし方で、気持ちがなごみます。


 (余談ながら、小惑星探査機「はやぶさ」のファンとしては、「あらわし」墜落はあまりいい気持ちがしない。)

【 朝顔が爽やか 】

 夏希と健二にすぐにでも結婚しろだのキスしろだの、冷やかし、はやし立てる陣内家の人たち。
 なかば脅迫されながら健二が「好き」だと告白し、夏希が「嬉しい」と・・・
 夏希が髪に飾ってる朝顔が爽やかで素敵。

 そして、おくての健二はキスを試みるも鼻血が出てきて、キスできない。
 しかし夏希が、頬にチュ。
 健二、ますます鼻血がドバ~~~で、昏倒。

 見ていて、思わずニッコリ!!!
 ホカホカと良い気分です。
 心地よく見終えることができれば、それが映画の価値ってものですね。


【 神木隆之介くん 】

 ”神木隆之介”くん、すっかり声優さんですね。(中途半端に大人になっちゃった)
 で、神木くん繋がりで『アリエッティ』と『サマーウォーズ』
 ジブリは、非日常的な雰囲気を醸し出すのがお得意で、細田守監督はSF的設定を日常的な雰囲気にまとめ上げて、親近感を描くのがお得意なのかな。
 アプローチは対照的でも、どちらも魅力的です。

 ただし、『アリエッティ』には”ジブリ”のブランドがついてるから、ついつい期待して子供を伴って映画館に足を運んだのだけど、『時をかける少女』『サマーウォーズ』については、様子見してしまい結局テレビやレンタルDVDで見ちゃうパターン。(映画代節約~~トホホ)

 何が言いたいかというと、『アリエッティ』にジブリ・ブランドがついていなかったら、映画館に足を運んだかな・・・という自問であります。
 一番分かりやすいところでは『ゲド戦記』あたりは、ジブリ映画じゃなきゃスルーする人が多かったんじゃないかと・・・・。

 逆に『時をかける少女』『サマーウォーズ』や、他にも『ホッタラケの島』なんかが”ジブリ映画”だったら興行成績が随分違ったろうなって・・・。

【 桜庭ななみちゃん 】

 最後は、夏希の吹き替えの”桜庭ななみ”ちゃん。
 NHK ドラマ8 『ふたつのスピカ』に出ていた時、なかなか素敵な女優さんだと思ったのに、期待したほどブレークしないのはなぜ?

 ”川島海荷”あたりより”桜庭ななみ”ちゃんの方が好きなんだけどなぁ・・・。

 そうそう、”谷村美月”と”仲里依紗”は、なにをやらしても起用ですね。


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

DVD・映画・映像 | 11:26:29 | トラックバック(1)
日本テレビ「金曜ロードショー」 ~サマーウォーズ[2009年・日本]
劇場公開から1年を経てのテレビ初登場です。テレビ放送用に細田守監督自ら再編集を行なったオリジナルバージョンとのことです。
2010-08-08 Sun 07:33:41 | 伊達でございます!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。