QLOOKアクセス解析
 

PING送信プラス by SEO対策

■プロフィール

ピカードパパ

Author:ピカードパパ
FC2ブログへようこそ!

■ブックマークボタン

ブックマーク

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
全天周映像「HAYABUSA(はやぶさ)」★★★★★
 プラネタリウムの天井をスクリーンにした全天周デジタル映像による宇宙ドキュメンタリー『HAYABUSA-BACK TO THE EARTH-(はやぶさ)』が、非常に良い出来栄えだと噂を聞いていたのですが、ここまで足を運ぶ機会がありませんでした。
 で、ようやく子供の夏休みの自由研究を兼ねて家族で”大阪市立科学館”に行き、念願の『HAYABUSA』を鑑賞してまいりました。

 小生は、科学技術が未来を拓くと信じていた1960年生まれの「20世紀少年」でして、小惑星探査機「はやぶさ」が、6月13日22時51分に奇跡の地球帰還を果たした際には、PCでJAXA管制室のライブ映像に噛り付いて萌えまくり!!
 その後、探査機が燃え尽き、カプセルが糸を引きながらオーストラリアの夜空を流れていく映像に感涙!!


 あれから、はや2か月。
 『HAYABUSA-BACK TO THE EARTH-(はやぶさ)』を観て、あのワクワク感がよみがえってきました!!
-◆-

 プラネタリウムの天井をスクリーンにした全天周映像は迫力満点!!
 3D映画以上に、立体感や質量感が凄い!!
 頭の上から巨大な地球が現れた場面や、「はやぶさ」が頭上を通り過ぎる場面では、思わず手を差し伸べてしまいそうな臨場感!!
-◆-

 イトカワに到着したものの、1回目の着陸がうまくいかずダメージを受け、ようやく2回目に着地して、即離陸。
 不覚にも、1回目の着地に失敗したエピソードを知りませんでした。
 で、イトカワに着地した前後から、もはや「はやぶさ」は人工物ではなく、人格・意識を持った”生ある存在”に進化しちゃった感じ・・・。
 ダメージを負ったイトカワが、地球に向けて旅する様子は、健気さが愛おしい!!
 ”はやぶさ君”と呼ばれ始めたことが肯けます。
-◆-

探査機はやぶさ7年の全軌跡

探査機はやぶさ7年の全軌跡

価格:2,415円(税込、送料別)

 「はやぶさ」が地球への長旅を続ける最中に完成したこの作品は、4月から上映されているので、地球到達時の映像は”予測映像”だと思うのだけど、これが現実とほぼ一致していて驚かされました。
 そして、探査機本体が燃え尽きちゃう様子にウルウル・・・・。
 「はやぶさ」に、”お疲れ様でした”と労いの言葉をかけたくなっちゃう。
-◆-

 「はやぶさ」の探査目的や、イトカワ自体の科学的価値についても丁寧な説明があり、改めて勉強になりました。
 また、イトカワへの航海で必要とされる高度な制御技術の説明から、いかに難しい旅だったのかがよく分かりましたし、20億キロの航海のすえ、長辺でわずが500メートル超の小天体イトカワに「はやぶさ」を着地させた技術力の高さにも感動!!
 我が国の科学技術の高さに誇りを感じました。
-◆-

 43分間の映像なのですが、実際に帰還したことを受け、新たな映像を加えた≪完全版≫を観たくなりました。

 とにかく、科学へのワクワク感を感じることのできる貴重な作品でした。
 「はやぶさ」関係者に、ひたすら敬意を覚えます。


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト


テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

DVD・映画・映像 | 18:03:33 | トラックバック(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。