QLOOKアクセス解析
 

PING送信プラス by SEO対策

■プロフィール

ピカードパパ

Author:ピカードパパ
FC2ブログへようこそ!

■ブックマークボタン

ブックマーク

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
映画『Disney'sクリスマス・キャロル(3D)』★拝金主義を戒める精神訓話
 19世紀イギリスの文豪チャールズ・ディケンズの『クリスマス・キャロル』を、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』『フォレスト・ガンプ/一期一会』や『ポーラー・エクスプレス』のロバート・ゼメキス監督ロバート・ゼメキス監督が、モーション・キャプチャーCGアニメーション映画として蘇らせた作品。
 娘(小3)&息子(小6)と家内と私で、3D版を見てきました。
(まだご覧でない方にはネタバレになります)


【 ストーリー 】

 主人公スクルージ(ジム・キャリー)は、金銭欲を満たすことだけを生きがいにする拝金主義者で、家族を持たず親戚にも背を向け、誰に対しても冷酷だから街一番の嫌われ者である。
 クリスマス・イヴの夜、事務所から自宅に戻ったスクルージのもとに、かつての共同経営者で、十年前に亡くなったマーレイの亡霊が現れる。
 強欲の罪で鎖につながれたマーレイの亡霊は、“過去のクリスマスの精霊”“現在のクリスマスの精霊”“未来のクリスマスの精霊”が次々とスクルージの前に出現することを予言する。
 そして・・・。
 【過去の精霊】に、哀しい子ども時代のことや、金を優先したために婚約者に去られた過去を見せられるスクルージ。
 【現在の精霊】に、スクルージに薄給で雇われている男クラチットの貧しいが愛にあふれた家庭を見せられるスクルージ。
 【未来の精霊】に、ベッドで寂しく横たわる死体。スクルージと名を刻まれた墓石を見せられるスクルージ。

 これらの超常体験を経て、スクルージは人との繋がりや慈善に目覚め、金がすべてだった生活から悔い改めるのだった・・・。
 というわけで、冷酷無悲な生き方をして金のことばかり考えて生きていると、ろくな未来は待っていないと言うキリスト教的精神訓話・・・。
 「クリスマスの日まで金を数えているようではダメで、人間愛をもってクリスマスを祝うのだ~~~。」って話であります。

【 3D、CGアニメーション 】

 2009年は『3D元年』だと言われているので、09年中に3D映画を見ておこうと思っていたのですが、『クリスマス・キャロル』で、なんとか『3D元年』に滑り込みセーフ。

 娘(小3)と息子(小6)は、スクルージが空を飛んで建物にぶつかりそうになる場面で身体をよじって激突を避けようとしていましたし、マーレイの亡霊が扉の向こうから飛び出してくる場面や、黒い馬がひく馬車に乗って未来の精霊が追いかけてくるシーンなど、3Dならではのビックリ・ドッキリ場面にビビっていた様子で、子どもたちは終演後に面白かったと感想を述べていました。

 物語自体は、ベタに道徳的すぎて子どもには退屈だったかと思ったんですが、”3D”の威力で子どもたちも楽しんだみたいです。

 小生は、『クリスマス・キャロル』の”3D”は「あぁ、こんなモノかな・・・」って感じで、驚くほどのことはなかったです。
 子供の頃、白黒テレビがカラーテレビに変わった時の方が感動的でした・・・。(古っ!)
 今後はもっと”3D”の活かし方が見いだされ、凄い映画が出来るだろうという気はしました。
 (『クリスマス・キャロル』上映前に3Dで予告が流れた『アバター』は、あざといほど”3D”にこだわった映像だった・・・)

 で、”3D”もさることばがら、パフォーマンス・キャプチャーCGなる技術に感心。
 スクルージの皺だらけで嫌味な顔なんて、実写版映画の特殊メイクに見えて、CGと実写版の境界線が分からなくなってきました。
 あきらかに『ポーラー・エクスプレス』の時より映像技術が進んでいました。

 結果的に『クリスマス・キャロル』の映像を見ながら、3D版で『スターウォーズ』をリメイクしたら凄いのに・・・・なんてことを考えてしまいました。
 『エイリアン』も、3D版だったら怖さが増すかもしれないなぁ。

【 精神訓話 】

 物語に戻って・・・・。
 ギスギスした生き方に対して『こんな生き方してちゃダメだよ』って映画なんですが、マネー万能主義が行き詰まってしまったこういう世の中なので微妙に心動かされます。
 スクルージのエピソードを見て「もっと人に親切にしないとイケナイ」とか、「潤いのある人生を送らないとだめだなぁ・・・」って思わされちゃう。
 ベタなキリスト教讃歌に、洗脳されちゃったかな・・・。

 世の中を見渡しても、行政刷新会議の事業仕分け作業におけるトゲトゲしいやりとりとか、およそ人と人との関係に余裕や潤いが社会から無くなっていますから、『クリスマス・キャロル』の道徳的精神訓話に感化されてしまいます。
 生まれ変わったスクルージさんのよに、トゲを無くしてソフトで人間的な人生を送りたいものです。




愛すべき未来へ(初回限定2CD+2DVD)








スポンサーサイト


DVD・映画・映像 | 10:14:13 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。