QLOOKアクセス解析
 

PING送信プラス by SEO対策

■プロフィール

ピカードパパ

Author:ピカードパパ
FC2ブログへようこそ!

■ブックマークボタン

ブックマーク

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
有川浩(著)「阪急電車」★★★★★
 阪急電車

■内 容

 片道わずか15分間の阪急電鉄今津線の8つの駅を起点に乗り降りする乗客の物語からなる連作短編。

■感想など

 本作の舞台となる阪急電鉄今津線は、北から『宝塚駅(宝塚大劇場前)』『宝塚南口駅(宝塚ホテル前)』『小林駅』『仁川駅(阪神競馬場前)』『甲東園駅』『門戸厄神駅』『西宮北口駅』の8駅。
 小生がよく利用したことのある路線なので、この連作は凄くリアルに心に滲みてきます。
 (今津線は、西宮北口駅から今津駅に向かってあと2駅有るんだけど、歴史的経緯があって西宮北口駅で線路が分断されているのでありまして、この作品では南側の2駅は舞台になっておりません。)

 で、作者が語るように、阪急電鉄今津線沿線は、都市部にありながらどことなく時間の流れが穏やかな感じがする・・・。
 そんな各駅の雰囲気が上手く醸し出されていて、そこに有川浩お得意の”恋バナ”が絡んでくるから、たまらなくイイ感じの物語になっています。

-◆-
 主人公の一人が二週間に一度のペースで通う図書館で、登場人物が「ああ、あの口うるさいおじいちゃんがまた職員を困らせているな」と口にする・・・・。
 小生もよく図書館で見かける風景で、なぜか図書館には我が儘な文句を垂れる爺さんなどがいるのです・・・。
 曰く「空調の効きが悪い」とか、いんねんの類のクレームを付けたり・・・。

 と言うわけで、有川浩は日常を切り取ったような一コマの描き方が上手い。

 また別の場面では「一般教養の必修科目の教科書だが、講座の教授の自著でえらく高い。これをわざと教科書指定し、一年生に売り捌いて儲けているともっぱらの噂である。必修なので落とせない事情を衝いた一種の悪徳商法で、その教授はおそらく学生全員に嫌われている。」と登場人物が語る・・・。
 ワッ、これまたリアルに大学時代を思い出す。

 こういう登場人物の言葉の積み重ねが、物語にリアルな生活感と味わいを出すんですよねぇ。
 有川浩の作風は、もはや「芸」の域に達していますよ。
-◆-
 阪急電鉄今津線ではないのですが、小生が住まう街の駅も物語中に登場してなんだか嬉しい気分。
 また、宝塚南口駅前にある”宝塚ホテル”とか、小林駅そのものとか、小生が思い出を持っている駅で物語が動くことにも心地よさを感じました。
-◆-
 とにかく、有川浩の作品は図書館戦争シリーズを含めてライトノベル風の軽い肌触りではあるけど、生き生きした登場人物の描き方はそんじょそこらのライトノベルとはひと味も二味も違ってるように感じます。
 有川浩の「芸」に脱帽です。


ブログランキングブログランキング



★私鉄 Nゲージ 鉄道模型★阪急7000/7300系(旧塗装)増結用先頭車2輌【グリーンマックス・41...









スポンサーサイト


日本文芸一般 | 20:30:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。