QLOOKアクセス解析
 

PING送信プラス by SEO対策

■プロフィール

ピカードパパ

Author:ピカードパパ
FC2ブログへようこそ!

■ブックマークボタン

ブックマーク

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
司城志朗(著)「細菌列島」 ★★
 おバカで奇天烈なポリティカル・ノベル「細菌列島」


細菌列島

■内 容

 富士急ハイランドに勤める35歳の男が主人公。
 月岡正一と名乗るその男が、ある朝突然、原因不明の高熱を発してから日本を揺るがす事件が起きる。
 正体不明の細菌が猛威を振るい、人々は目などから黄色い粘液を流しながらバタバタと倒れていく・・・。

 著名な学者は1000年に一度地球に接近する謎の天体ステルスから細菌が降り注ぐというのだが・・・。
 謎の病気は、某国の仕掛けた細菌戦なのか、宇宙からの災いなのか・・・。

■感想など

 「細菌列島」という題名から、シリアスな中身だと思いこんで読み始めたら、とんだ勘違いで・・・。
 金正日まで登場する超軽くて良く言えば洒脱な細菌パニック&ポリティカルサスペンス!?
 ほとんどキワモノのトンデモ本であります。
-◆-
 月岡正一の正体は知る人ぞ知る北の将軍様のご長男。
 大好きなテーマパークの研究のため(?)日本に潜入して”富士急ハイランド”でアルバイト(ゲゲゲの妖怪屋敷でねずみ男の着ぐるみを被るバイト)をしてる。
 そんな彼が、愛する日本女性との間に産まれた子供を救うために日米朝を巻き込む細菌戦阻止に立ち上がる???
-◆-
 こういう小説って、どういうジャンルになるんだろうか?
 ライトノベルでもないし、外交・安保絡みの話だけどポリティカルサスペンスと言うにはオチャラケてるし、ユーモア小説の部類なのか・・・。

 ジャンル分けしがたい軽~~い読み物で、他人様にお勧めするほどの小説ではないかも・・・。


ブログランキングブログランキング


 
神器(上)  神器(下)








スポンサーサイト


日本冒険・ミステリー | 17:41:38 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。