QLOOKアクセス解析
 

PING送信プラス by SEO対策

■プロフィール

ピカードパパ

Author:ピカードパパ
FC2ブログへようこそ!

■ブックマークボタン

ブックマーク

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
大倉崇裕(著)「聖域 」★★★☆
 「このミステリーがすごい! (2009年版)」19位にランクされた山岳ミステリ 大倉崇裕(著)「聖域 」


聖域


■内 容

 主人公・草庭と学生時代山岳部でパートナーだった安西が登山中行方不明に・・・。
 悪天候で救助もままならず、滑落死とされた。
 安西の登攀技術で落ちる山ではない・・・草庭は一抹の疑問を抱き、安西が落ちた山に登るのだが・・・。

■感想など

 「このミステリーがすごい! (2009年版)」19位と、そこそこ評価を受けた山岳ミステリ。
 著者自身が学生時代は山岳部に所属し、思い入れのある一冊。
-◆-
 ボクは山登りなどしないのだけど、取っつきにくさは全然無く、読みやすい。
 ただし、読みやすさ、灰汁の無さは、インパクト不足にも繋がってるかな・・・。
 主人公・草庭が、じわりじわりと”安西滑落”の謎に迫るのだけど、静かに展開するのでやや地味目。
 登場人物も、大人しい。
-◆-
 謎解きというか、犯人については「意外性」と「反則」の狭間みたいな感じ。
 少し強引だと思うなぁ・・・。
-◆-
 山を舞台にする作品では、高嶋哲夫著『ミッドナイト・イーグル』とか、 笹本稜平著『グリズリー』などスケール感のある派手目の作品が好きなので、地味で至極真面目な本作には少し物足りなさを感じました。
 ただし、山登りをしないボクには分からない魅力が詰まっているのかもしれません。
  

ブログランキングブログランキング


 グリズリー

 ミッドナイトイーグル








スポンサーサイト


日本冒険・ミステリー | 21:35:25 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。