QLOOKアクセス解析
 

PING送信プラス by SEO対策

■プロフィール

ピカードパパ

Author:ピカードパパ
FC2ブログへようこそ!

■ブックマークボタン

ブックマーク

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
伊坂幸太郎(著)「重力ピエロ」★★★★
2009年公開映画原作「重力ピエロ」
やっぱり伊坂幸太郎は良い!!

重力ピエロ
■内 容

 兄・泉水と弟の春。
 二人の周りで起きる連続放火。
 火事と関連がありそうな落書き=グラフィティアート。
 兄妹は連続放火犯を求め、グラフィティアートの謎解きを試みるのだが・・・。

■感想など

 「連続放火事件」と「落書き」を巡る本作は、不思議な読後感の残る作品で、伊坂幸太郎らしさが良く出ています。
 スマートで鮮やかで精緻に紡がれたストーリー・・・上手い。
-◆-
 伊坂幸太郎は、ガンジーの平和主義をも喝破してしまう。
 『ガンジーの思想は駄目なわけじゃない。ただ、あれは残念なことに、人間にはあるレベルの善が生まれながらに備わっているのが前提なんだ。前提が違うんだから、ただの幻想でしかない」』
 性善説を悲しみながら否定するこの一文は、著者が『魔王』で描かれている「悪」と表裏一体なんだと思う。

-◆-
 とにかく、ポップだけど深みのある伊坂作品には駄作がない。
 02年刊行の『ラッシュライフ』
 03年に発表した本作『重力ピエロ』(直木賞候補)
 04年『アヒルと鴨のコインロッカー』(吉川英治文学新人賞受賞)
 05年『グラスホッパー』
 06年『死神の精度』(直木賞候補)
  ・・・その後の活躍も周知のとおりで、映画化される作品も多い。
 本作を含め、どの作品にも映画にしたくなる「深い物語」が描かれているからだと思う。


 
■DVD=アヒルと鴨のコインロッカー


◆小説=アヒルと鴨のコインロッカー


■DVD=Sweet Rain 死神の精度


◆小説=死神の精度


ブログランキングブログランキング



スポンサーサイト


日本文芸一般 | 20:49:19 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。