QLOOKアクセス解析
 

PING送信プラス by SEO対策

■プロフィール

ピカードパパ

Author:ピカードパパ
FC2ブログへようこそ!

■ブックマークボタン

ブックマーク

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
北村想(著)「怪人二十面相・伝」★★★
映画「K‐20」原作
怪人二十面相・伝

■内 容

 父を亡くし母も行方不明となった平吉はサーカス団に入門し新たな生活をはじめる。
 そこで出会った先輩芸人・武井丈吉からは公私に渡って薫陶を受け成長し、実の父よりも近しい存在となる。
 やがて丈吉は「世間をあっといわせる泥棒になる」という言葉を平吉に残してサーカス団から去っていく。
 そして怪人二十面相が現れ世の中を唖然とさせる。

 怪人二十面相のルーツと、明智との対決を新たな視点から伝記風に描いた作品。

■感想など

 映画館で「K‐20」の予告編を偶然見かけ、北村想による「怪人二十面相・伝」という作品を知りました。
 子供時代にポプラ社の『怪人二十面相』のシリーズを読みあさった経験を持つ小生は、予告編の映像に心惹かれ、原作を読むことに・・・。
-◆-
 著者は江戸川乱歩の著作から拾った二十面相の出自から想像の翼を広げ、二十面相が怪盗になるまでの様子や、二十面相と明智の対決を描いており、約40年前に『怪人二十面相』にのめり込んでいた小生にはノスタルジックで興味深い作品に仕上がっていました。
-◆-
 本書には乱歩が書かなかった二十面相と小林少年の対決も描かれていて面白い趣向になっています。
 北村版の小林は結構嫌な奴で・・・・。

 とにかく、小生がミステリ好きになるきっかけをくれた怪人二十面相の活躍ぶりは旧友に出会ったような懐かしさでした。

 それにしても映画版の「K‐20」と言う題名はスマートで感心するネーミング・・・うまいこと考えますねぇ。



ドラン フレンチベルモット ドライ 700ml






ブログランキングブログランキング



スポンサーサイト


日本冒険・ミステリー | 14:46:11 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。