QLOOKアクセス解析
 

PING送信プラス by SEO対策

■プロフィール

ピカードパパ

Author:ピカードパパ
FC2ブログへようこそ!

■ブックマークボタン

ブックマーク

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
島田荘司(著)「リベルタスの寓話」★★★★
 リベルタスの寓話

■内 容
 中編2作収録「リベルタスの寓話」「クロアチア人の手」
 中世クロアチアの自治都市で、救世主となった「リベルタス」と呼ばれる小さなブリキ人間の伝説・・・。
 ボスニア・ヘルツェゴヴィナで心臓以外の臓器をすべて他の事物に入れ替えられるという、猟奇殺人事件が起きた。
 民族紛争の悲劇の舞台となったボスニア・ヘルツェゴヴィナでおきた猟奇殺人と「リベルタス」の伝説との関連は・・・・。

■感想など
 遠い地で起きた悲惨な民族紛争での悲劇にスポットが当たる力作。
 また、オンライン・ゲーム上のアイテムを手に入れるために仮想通過と、実体マネーとが交錯する”リアル・マネー・トレード”の問題にも深く触れられており、今起こりつつある新たな資金調達法やマネーロンダリングについて知識を得ることができました。
-◆-
 当然ながら、密室殺人事件などが起きて二階堂黎人が謎を解く話なのですが、ミステリーの部分より「ボスニア・ヘルツェゴヴィナ」問題が深く印象に残りました。
 比較的我が国では注目が集まらない話題を軸にした本作が提起する問題の重さに感じ入りました。


 UFO大通り







ブログランキングブログランキング



スポンサーサイト


日本文芸一般 | 17:01:06 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。