QLOOKアクセス解析
 

PING送信プラス by SEO対策

■プロフィール

ピカードパパ

Author:ピカードパパ
FC2ブログへようこそ!

■ブックマークボタン

ブックマーク

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
福田和代(著)「ヴィズ・ゼロ」★★★
ヴィズ・ゼロ

■内 容
 台風の影響で連絡橋が閉鎖された関空にハイジャック機が着陸!
 ハイジャック犯の別働隊が管制塔を占拠し、パラシュートと給油を要求する。
 13年前の殺人と、その被害者である警察官とハイジャック犯の攻防は・・・。

■感想など
 07年の話題作が図書館の棚に並んでいたので期待して手に取った。
 ん~~~。
 それほどでもなかったなぁ・・・。
  同じような題材を扱った石持浅海の『月の扉』の方が面白かった。
-◆-
 公安のスパイやら超一流のハッカー(クラッカー)が登場するのだけど、イマイチ物語を盛り上げる人物設定になっていない。
 著者が金融機関のシステム開発を手がけるシステムエンジニアという経歴を持っているので、その手のハイテク犯罪も織り込まれているけど、ややこしいだけで緊迫感に繋がっていない。
-◆-
 甲斐と出石という警察官が共通して背負っている過去の十字架が物語の鍵になるのだけど、これも深みを感じるほどでもない。
 関西国際空港に着陸したハイジャック犯とのやり取りに終始する事件そのものにドキドキ・ハラハラの緊迫感が無いから仕方ない。
 関西国際空港を取材しはじめて10年とあとがきにあったけど、同空港を扱った五條 瑛の『ROMES06』のほうがディティールの書き込みが上。
-◆-
 一番辛かったのが文章。
 格好イイ文章を書きたがってるように見えて、読み辛い。
 プールの中を歩いているようなもどかしさを感じました。
 小生はもう少しそぎ落とされたスマートな文章が好みです。
-◆-
 とはいえ、水準のエンターテインメントには仕上がっていました。

ジーン・ワルツ
ザ・シークレット







ブログランキングブログランキング



スポンサーサイト


日本冒険・ミステリー | 09:33:08 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。