QLOOKアクセス解析
 

PING送信プラス by SEO対策

■プロフィール

ピカードパパ

Author:ピカードパパ
FC2ブログへようこそ!

■ブックマークボタン

ブックマーク

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
恩田陸(著)「夜のピクニック」★★★★
第2回「本屋大賞」、第26回「吉川英治文学新人賞」受賞
 夜のピクニック
■内 容
 主人公・貴子が通う高校のビッグイベントは、一昼夜かけて80キロを歩く「歩行祭」
 高校3年間の最後の「歩行祭」で、貴子は自分自身である賭けをする・・。
 80キロの行程中に、賭けは成就できるのか?
 高校生達がそれぞれの思いを胸に夜空の元を歩き続ける青春物語。
■感想など
 「本屋大賞」に輝くなどとにかく評判のいい本なので今更感想を書くのも恥ずかしいぐらいなのだけど、やっぱり評判どおりの作品。
 ナックルボーラー恩田陸にしては珍しく直球勝負の青春物語・・・・驚くような事件も起きず、人が消えることもない・・・ひたすら歩きつづける高校生達が清々しい。
 ニューヨークへ転校していった主人公・貴子の親友からの手紙や、一年前の「歩行祭」に現れた謎の少年など仕掛けがイイ味付けになっています。
-◆-
 青春物語だけど、単純な恋愛モノではないあたりは恩田陸の面目躍如。
 そして物語が収束していく心地よさ・・・。
 なんだか作中の高校生達と一緒に80キロ歩いたような気分です。(50年近く生きているメタボな小生を、高校生気分にさせる恩田陸・・・恐るべし!!)
-◆-
 で、この作品が映画化されていることを知らなかったのですがTSUTAYAでDVDを偶然見かけたので早速レンタル(半額キャンペーンで)して映画版も観賞。

2007年2月23日発売夜のピクニック ピクニックパック
■出 演
 多部未華子、石田卓也、加藤ローサ、西原亜希、貫地谷しほり、高部あい、嶋田久作、南果歩
■感想など
 ”多部未華子”が主人公・貴子を演じていますが、さすがにイイ!!
 ドラマ「鹿男あをによし」を見て、初めて”多部未華子”を知ったのですが、この番組で演じる高校生”堀田イト”に痺れています。
 ユニークな顔立ちで目に力があって存在感が素晴らしい!
 映画版「夜のピクニック」でも”多部未華子”の豊かな演技は魅力的でした。
-◆-
 小説版を読んでから映画版を見て正解でした。
 映像で描ききれない部分も承知の上で映画を見ると小説と相まってとても爽やかな気分。
 笑えるし、ホロリと来るし・・・・甘酸っぱいなぁ~~~。
 読書と映画とダブルで楽しめた「夜のピクニック」であります。


 中庭の出来事







ブログランキングブログランキング



スポンサーサイト


日本文芸一般 | 17:08:24 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。