QLOOKアクセス解析
 

PING送信プラス by SEO対策

■プロフィール

ピカードパパ

Author:ピカードパパ
FC2ブログへようこそ!

■ブックマークボタン

ブックマーク

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ロバート・トゥーイ(著)「物しか書けなかった物書き」★★★
 物しか書けなかった物書き

■内 容
 タイプしたものが実体化する作家のドタバタを描く表題作など、「このミス」にランキングされた変わった味わいの短篇集

■感想など
 タイプしたものが実体化したり、骸骨になった死者が町を彷徨ったりするハチャメチャな作品群だけど、いちいちひねりが利いている・・・だから「このミス」にランキングされたのだろうなぁ・・・。
 小生は、筒井康隆をはじめとする日本SFに通じるものを感じました。
-◆-
 法月綸太郎によるあとがきにも書かれているけど、作者は確かにクセ球作家(法月綸太郎氏いわくナックルボーラー)
 仄めかしたり、はぐらかしたりする作者の手管に翻弄されることは間違いない。
-◆-
 小生は、平凡な男が警察官を翻弄する「家の中の馬」が面白かった。
 斬新な映画作りを追求する映画監督が登場する「ハリウッド万歳」も面白い。
 「このミス」での高い評価ほどの本だとは思わないけど、シニカルでトリッキーな珍品でした。

 10ドルだって大金だ





ブログランキングブログランキング



スポンサーサイト


海外ミステリー | 15:02:29 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。