QLOOKアクセス解析
 

PING送信プラス by SEO対策

■プロフィール

ピカードパパ

Author:ピカードパパ
FC2ブログへようこそ!

■ブックマークボタン

ブックマーク

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
浅田次郎(著)「 椿山課長の七日間 」★★★★★
西田敏行、伊藤美咲、成宮寛貴の出演で映画化された「 椿山課長の七日間 」
椿山課長の七日間(なのかかん)

■内 容
 売り出しセール中に脳溢血で突然死したデパートの中年課長「椿山和昭」は、仕事の残務や、家のローン、年老いた父と最愛の妻子への思いが残る。
 ヒットマンの人違いで殺されてしまった「やくざの組長」は、子分の行く末や、望まぬ抗争が起きないかが心配。
 事故死した「小学生」は、幼くして施設から養親に引き取られたのだが、本当の親に一目会いたい。
 そんな3人が、七日間だけ“現世”に戻ることを許された。
 3人の思いは叶えられ、天国へいくことが出来るのか・・・・。

■感想など
 小生は先に映画版を見てから小説を手に取りました。
 映画との違いがあって若干戸惑いもありましたが、そこは浅田次郎作品だけに充分に楽しめました。
-◆-
 椿山課長は小学生を保つ46歳・・・小生とほぼ同年齢で小学生がいるのも同じ・・・突然死は身につまされる。
だけど、陰に籠もった話にはならずカラッとした味わい。
 天国にいく途中の「中陰」に役所があって、死者を善人から殺人犯まで選別して免許更新センターみたいに教習を受けさせるあたりは笑わせます。
 落語の「ぜんざい公社」を思い出します。
-◆-
 3人は現世で正体がばれないように、あの世の役所から仮の姿をあてがわれた。
 椿山課長は、39歳・独身の絶世の美女
 やくざの組長は、弁護士に
 そして男子小学生は、可憐な女子小学生に・・・。
 この入れ替わった姿が戸惑いと混乱と招いて、これまた可笑しい。
-◆-
 椿山課長が舞い戻った現世で知ることになる「大変な事実」・・・浅田次郎はよくこんな意地の悪いことを思いつく(笑)
 あの世の役人から「邪淫の罪」を宣告された椿山課長が、無実だと証明するために取る行動が、切ない恋のお話になり・・・・なんてピュアな!
-◆-
 やくざの組長も任侠道に徹した好人物で、今の世界では見られない「徳」を教えてくれます。
 現実の暴力団とは違う善人で気持ちいい好人物です。(やはり義理と人情は大切だわ)
 親分を親と慕う子分の「純情」にも泣かされます。
-◆-
 女の子になった小学生は、ひょんなことから椿山課長の父親と息子の助けを受けて実の両親を捜すことになるのだけど、小学生2人とおじちゃんが聡明で優しい心を持っていて素敵です。
-◆-
 映画版もよかったけど、さすがに小説もよく出来ています。
 相変わらず「おそるべし浅田次郎」であります。


浅田次郎(著)憑神







ブログランキングブログランキング



スポンサーサイト


日本文芸一般 | 19:54:07 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。