QLOOKアクセス解析
 

PING送信プラス by SEO対策

■プロフィール

ピカードパパ

Author:ピカードパパ
FC2ブログへようこそ!

■ブックマークボタン

ブックマーク

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
伊坂幸太郎(著)「アヒルと鴨のコインロッカー」★★★★★
 アヒルと鴨のコインロッカー

■内 容
 大学進学でアパートに入居した椎名。
初対面の隣人・河崎が「友人の外国人にプレゼントする広辞苑を手に入れるため一緒に本屋を襲わないか」と持ちかけてくる。
 買えばいいのに広辞苑を盗むという不条理な河崎。
 「書店の裏口のドアを蹴っていろ」と言う指示どおりにモデルガンを持って書店強盗の片棒を担ぐ椎名。
 一方、以前に河崎と交際し今はブータン人のドルジと同棲しているペットショップ店員の琴美は街で連続動物虐待犯と出会ってしまい、その場は逃走でき たが定期券を落として住所を連中に知られてしまう。
 琴美に迫る悲劇と、河崎を襲う或る問題が絡み合って物語は過去と現在を行き来し、やがて一つの真実に収斂してゆく・・・。

■感想など
 伊坂幸太郎に不思議な小説群に嵌ってしまっている小生。
 伊坂幸太郎の作品は伊坂幸太郎にしか書けない!(当たり前みたいだけど、分かる人にはわかってもらえる表現だと思うのですが・・・)
 読み手を弄ぶように時間の流れを自在に操り、シュールでさえあるユーモアな会話を織り交ぜてスマートに進むストーリー。
 どことなく地球人離れした異次元的発想・・・これぞ現代の「わびとさび」
 お人好しの大学生椎名を翻弄する河崎という青年は、いい加減で、軟派で、口達者で、不条理な不思議な青年
 この性格一つ一つが計算され尽くし、物語の伏線となっている。
 伊坂幸太郎は稀代のストーリーテラーだと感じ入ります。
 小生が愛してやまない「浅田次郎」や「宮部みゆき」「東野圭吾」など物語作りの名人の中でも「伊坂幸太郎」は異彩を放っています。(この作品の感想になっていないような感嘆の言葉を並べてばかりですねぇ。)
 「陽気なギャングが地球を回す」でおなじみの人物と本作の登場人物が姻戚関係にあるという小さな発見もありました。
 一筋縄ではいかない伊坂マジック・・・哀しみと不思議の詰まったの魅力に満ちた作品であります。

伊坂幸太郎(著)陽気なギャングが地球を回す
伊坂幸太郎(著)死神の精度
伊坂幸太郎(著)終末のフール


ブログランキングブログランキング



スポンサーサイト


日本文芸一般 | 17:29:48 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。