QLOOKアクセス解析
 

PING送信プラス by SEO対策

■プロフィール

ピカードパパ

Author:ピカードパパ
FC2ブログへようこそ!

■ブックマークボタン

ブックマーク

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
伊坂幸太郎(著)「 陽気なギャングが地球を回す 」★★★★
伊坂幸太郎(著)陽気なギャングが地球を回す

■内 容
 嘘を見抜く「人間嘘発見器男」、自分の日記に嘘を書くような「口達者男」、「天才スリ師の男」、時間を分単位で精確に計る「人間時計女」の四人組は芸術的な銀行強盗を続けていたが、あることをキッカケに歯車が狂い、逃走中の現金輸送車襲撃犯に「あがりの4千万円」を横取りされた・・・・。
 「天才4人組」対「現金輸送車襲撃犯」のコンゲーム・・・・。

■感想など
 著者自ら「90分の映画を見たくて書いた作品」と述べていますが、まさにそう言う作品。
 本当に映画化されているからTUTAYAの半額キャンペーンでレンタルしなくっちゃ・・・。
 四人組はキャラが際だっていて、「オーシャンズ4」って感じの犯罪集団。
 会話は小粋な感じでクスクス笑えます。
 展開も「90分の映画」を意識しただけあって無駄が無く、流れるように進んでいくストーリー。
 著者の作品は「死に神の精度」と本作の2作しか読んでいないのだけど、文章がいい。
 ぐたぐたと修飾語で厚化粧した一見重厚で「文学だ!」みたいな駄文や、先端技術など専門用語をこれでもかと書き並べる本もあるけど、本作は無駄な表現はそぎ取られていてスマート。
 ストーリーも文章も洗練されています。
 人気作家だけあって小生が通う図書館では、この作家の本は貸し出し中が多くて書架に並んでいないのだけど、次々と読んでみたい作家であります。(そんなによかったら買って読めばいいのに・・・)


陽気なギャングが地球を回す プレミアム・エディション 【GNBD-1125】=>69%OFF!陽気なギャング...





ブログランキングブログランキング



スポンサーサイト


日本文芸一般 | 11:19:33 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。