QLOOKアクセス解析
 

PING送信プラス by SEO対策

■プロフィール

ピカードパパ

Author:ピカードパパ
FC2ブログへようこそ!

■ブックマークボタン

ブックマーク

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
伊坂幸太郎(著)「終末のフール」★★★★
伊坂幸太郎(著)終末のフール

■内 容
 「8年後に小惑星が落ちてきて地球が滅亡する」と発表されてから5年が経った仙台市北部の団地に住む人々。
 絶望や恐怖、残りの時間を幸せに生きようとする気持ち、これまでの人生を精算しようとする心・・・「地球が滅亡」を数年後に迎える市井の人々の暮らしを描く連作短編(8話)集。

■感想など
 あの映画「アルマゲドン」みたいな人類滅亡が8年後に起こる世界に生きる平凡な人々の暮らしを切り取って、連作の形で心の機微が巧く描かれています。
 背景になる「小惑星落下」に関するスペクタクルやパニックには全然と言っていいほど触れずに、大混乱後の小休止とも言えるやや落ち着いた時期の人間を題材にしているのが面白い。
 過去の出来事を恨みがましく思い続けて吹っ切ることが出来ないタイプの小生は、残り少ない時間の内に過去を精算したい人を描いた作品「終末のフール」「籠城のビール」が、心にある種の痛みをもたらしました。
 子宝に恵まれなかった夫婦が「地球滅亡」が3年後に見込まれる時になって妊娠したことを知り、残りの短い未来に思いを馳せ産むべきか悩む夫婦の葛藤を描いた「太陽のシール」も印象的。
 小惑星落下時に襲うであろう大洪水に備えてマンションの屋上に櫓を作る老大工とその息子を描く「深海のポール」での親子の会話も清々しい読後感・・・。
  無駄なく磨き上げられた伊坂幸太郎の文章が冴え渡る一作・・・。
 人類滅亡という一大事を敢えて仰々しく描かない著者の手法は心憎いモノがありました。

伊坂幸太郎(著)陽気なギャングが地球を回す
伊坂幸太郎(著)死神の精度



ブログランキングブログランキング




スポンサーサイト


日本文芸一般 | 11:08:48 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。