QLOOKアクセス解析
 

PING送信プラス by SEO対策

■プロフィール

ピカードパパ

Author:ピカードパパ
FC2ブログへようこそ!

■ブックマークボタン

ブックマーク

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
アダム ファウアー(著)「数学的にあり得ない(上)(下)」★★★★★

数学的にありえない(上)数学的にありえない(下)

第1回世界スリラー作家クラブ新人賞受賞作
■ストーリー
 神経失調に悩む天才数学者ケイン。
 彼の脳には自身も気付かぬ大きな「能力」が宿っていた。
政府の “科学技術研究所”や謎の研究を進める科学者トヴァスキーらは執拗にケイン捕捉を狙う・・・。
 数学的にあり得ないケインの能力の謎とは・・・・。

■感想など
 バカほど面白い作品でした。
 ジェットコースター・サスペンスという惹句に偽り無しです。
 主人公ケインの能力は、究極の「風が吹けば、おけ屋がもうかる」!!
 奇想小説とサスペンス小説の融合と言うべき本です。
 数学者ケイン、双子の兄ジャスパーたちが、野望を抱く科学者トヴァスキーや政府の逃れようとする内に、ケインの能力が開花しはじめるのですが、物語は助走から徐々にテンポアップしはじめ、ダッシュしながら終焉へと突き進みます。
 量子力学と脳科学を融合させたトンデモSF・ゲテモノになるかもしれないネタを、作者が上手く料理して傑作に仕立てたって感じ。
 SF的部分の魅力と、サスペンスの要素が上手く噛みあって最高のエンターテインメントになっています。
 M・クライトンの絶好調時に匹敵する面白さ。
 面白い本に巡り会えて幸せでした。




リクライニング式すのこベッド シングルサイズ
 ブログランキング



スポンサーサイト


海外SF・ファンタジー | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。