QLOOKアクセス解析
 

PING送信プラス by SEO対策

■プロフィール

ピカードパパ

Author:ピカードパパ
FC2ブログへようこそ!

■ブックマークボタン

ブックマーク

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
奥田英朗(著)「町長選挙」★★★★

町長選挙
■ストーリー
 直木賞受賞作『空中ブランコ』の伊良部シリーズ第3弾中編集!
 「オーナー」は、巨人軍会長・ナベツネのパロディ。
 死を怖れ暗闇や閉所を怖れて神経症になったプロ野球チームのオーナーで新聞社主筆の「ナベマン」がトンデモ精神科医・伊良部の患者に・・・・。
 「アンポンマン」はライブドアのホリエモンのパロディ。
 小太りのIT社長「アンポンマン」が、合理性を追求しパソコンばかり使っているうちに「ひらがな」も思い出せない若年生アルツハイマーになり伊良部の診察を受けるが・・・。
 「カリスマ稼業」は、40代で圧倒的な若さを保ち好感度抜群の女優・黒木瞳のパロディ。
 若さ維持や体型維持のために運動を欠かさずダイエットに励む「カリスマ女優」が運動を続けないとカロリーを消費できないと思い込み神経症になって伊良部の患者に・・・・。
 「町長選挙」実弾飛び交う激しい町長選挙のまっただ中の離れ小島に赴任した伊良部が島を二分する争いに巻き込まれてしまう。
■感想など・・
 「オーナー」「アンポンマン」「カリスマ稼業」の3作は、実在人物のパロディで、笑わせるけど、これまでの伊良部シリーズ程のキレはない。
 トンデモ精神科医・伊良部より、ナベツネやホリエモンの存在感があまりに強いせいかなぁ。
 で、「町長選挙」は圧巻。
 これぞ伊良部シリーズ。
 いつもの病院地階にある診察室から舞台を離れ小島に移した伊良部の活躍(?)ぶりに笑わされる。
 都会では考えられないえげつない選挙は、可笑しくて、どこか切なかったり・・・。
 実際にうつ病持ちの小生は、伊良部シリーズの大ファンだけど、そろそろ潮時かとも思います。
 なぜなら前2作の方が癒される部分が多かった。
 本作はシニカルな要素が強くて癒し系ではなかった。
 ところで、小生はうつ病の診察に心療内科に通っているのですが、本作を読みながら診察の順番待ち・・・フ~ム、小説と現実が融合していくような不思議な気分に・・・。
 なんだかんだいって面白いことはまちがいないです。
 恐るべしDr伊良部なのであります。




ブログランキング



スポンサーサイト


日本文芸一般 | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。