QLOOKアクセス解析
 

PING送信プラス by SEO対策

■プロフィール

ピカードパパ

Author:ピカードパパ
FC2ブログへようこそ!

■ブックマークボタン

ブックマーク

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
DVD アニメ「ブレイブ・ストーリー」★★★

宮部みゆきのベストセラー原作「ブレイブストーリー」待望のDVD化!ワーナー・ホーム・ビデオ ...

 少年ワタルが異世界に渡り、「運命」を勝ち取り、崩壊した家庭・家族を旧に復すために旅する冒険物語。
 とにかく原作は、いわずもがなの宮部みゆきの傑作小説で、日本のファンタジー小説の金字塔であります。
 30年以上SFやファンタジーを愛読してきた小生でさえ、芳醇で重厚な小説版には嵌りました。
 異世界に引きずり込まれるような言葉の力
 ワクワク感やハラハラ感がぎっしり詰まっていて、感動や爽快さも充分な原作。
 分厚い単行本で上下2巻の大作でしたが、あっと言う間に読み終え、物語世界と分かれるのが辛く寂しい作品でした。
 映画版を観た家族はゲームみたいで見易い映画だと言っていましたが、たしかにRPG風。
 小説を読んだ時は、活字の力がとても強くてゲームを連想しなかったけど、「ICO」を執筆した著者ですから、多少そう言う部分もあるのかな?
 で、小生の映画版に対する感想ですが、あの小説版をわずか2時間ほどで総てを映像にできるはずもなく、ダイジェストを観ているような感じがしました。
 「家族」「運命」「成長」など全体的に物語の大切なキーワードは押さえているので映画版を観終えて納得はできますが、宮部みゆきの原作が持つ細密さや心に染みいるような奥深さは充分に表現しきれていません。
 要するにあらすじを絵で追っかけたってところかな。
 なんだか、映画自体も本当はもっと長い映像を、2時間に収めるために切り貼りしたような違和感を感じました。
 ロード・オブ・リングほどの長尺3部作までは望みませんが、もう少し書き込みが必要でした。
 本作の映画化を聞いた時から、ジブリが「ゲド戦記」に行かずに「ブレイブストーリー」を手掛けたら良かったと思いましたが、観終わった今も同じ思いが募ります。
 終盤に登場する「魔族」とか、ハイランダーの「カツ」という登場人物なんかは明らかにジブリ作品に影響されているように感じます。
 まさに「もののけ姫」以降のアニメだという手触り。
 だから本家ジブリに作らせたかった。
 そうすれば、宮部みゆきの名前も海外へ渡ることになると思ったのだけどなぁ・・・。
 とはいえ、ポケモンの映画版でもよく使われるCGか何かよく分からないけど3Dの手法など、アニメ技術は確実に進化していますねぇ。
 それにしても、声優陣は豪華。
 小生が大好きな「松たか子」をはじめ、大泉洋、常盤貴子、今井美樹、伊東四朗、樹木希林、田中好子、高橋克実、柴田理恵、石田太郎など・・・。
 子供向けには保険としてウエンツ瑛士、堤下敦、板倉俊之、虻川美穂子達も起用されています。(タレントさんを並べたこういうキャストを観ると、プロパーの声優さんは気の毒な気もしますが・・・。)
 DVDで気軽に観るには悪くない。
 ただし、原作を活字で追いかけたほうが、遙かに大きな感動を味わえました。
 映画化したい気持ちはよく分かるけど、映画化するには原作のスケールが大きすぎたようです。



ブレイブ・ストーリー(上)
ブレイブ・ストーリー(下)

ブログランキング・にほんブログ村へ


スポンサーサイト


DVD・映画・映像 | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。