QLOOKアクセス解析
 

PING送信プラス by SEO対策

■プロフィール

ピカードパパ

Author:ピカードパパ
FC2ブログへようこそ!

■ブックマークボタン

ブックマーク

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
有川浩(著)「空の中」★★★★★
空の中
空の中

 200X年、二度の航空機事故が人類と謎の巨大生物の接触の導火線となった。
 第一発見者の女性自衛官とペーペー調査官のコンビ、そして高校生カップルが日本の危機に立ち向かう。
 第10回電撃小説大賞大賞受賞作家・有川 浩の第2作

 ということで、“電撃”つながりのハードカバー。
 これがライトノベルなる小説か……と思いながら「試食」のつもりで読んでみた。

 クソ~!
 悔しいけど面白かった。
 “電撃”は侮れない。
 46歳の中年が、最後まで読みきってしまった。

 女性自衛官とペーペー調査官のコンビがとてもイイ!
 とてもみずみずしく人物が描かれている。
 純朴な高校生カップルも可愛い。
 なんか青春してる。

 他愛のないストーリーだけど、彼ら登場人物の魅力に引っ張られて読了!
 妙に爽やか。

 ガジェット並べるだけの“クールな”小説よりもよほど良い。
 有川浩をまた読んじゃいそう。

火星ノンストップ
■日本SF・ファンタジー感想リンク
◆筒井 康隆 (著)「銀齢の果て」
◆小松左京 /谷甲州(著)「日本沈没(第2部)」
◆山田 正紀 (著)「神狩り 2 リッパー」
◆谷 甲州 (著)「パンドラ (上) (下)」
◆小川 一水 (著)「老ヴォールの惑星」
◆谷口 裕貴 (著)「ドッグファイト」
◆町井 登志夫 (著)「血液魚雷」
◆藤崎慎吾 (著)「ハイドゥナン〈上〉〈下〉」
◆林 譲治 (著)「ストリンガーの沈黙」
◆石黒 耀 (著)「死都日本」
◆池上 永一 (著)「シャングリ・ラ」
◆恩田 陸 (著)「ねじの回転」
◆機本 伸司 (著)「メシアの処方箋」
◆機本 伸司 (著)「僕たちの終末」
◆荒俣 宏 (著)「妖怪大戦争」
◆菅 浩江 (著)「おまかせハウスの人々」
◆有村 とおる (著)「暗黒の城 」








スポンサーサイト


日本SF・ファンタジー | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。