QLOOKアクセス解析
 

PING送信プラス by SEO対策

■プロフィール

ピカードパパ

Author:ピカードパパ
FC2ブログへようこそ!

■ブックマークボタン

ブックマーク

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
三崎亜記(著)「となり町戦争」★★★★☆
となり町戦争となり町戦争

 平凡な男の元に町役場から届いた「となり町」との戦争の知らせ。
 彼は戦時下の実感を持てないまま敵地偵察を任ぜられた。
それでも「役場が進める戦争」は着実に進んでおり、彼が喪失するものとは・・・・

 第17回小説すばる新人賞受賞作。
 戦争テーマと言えば、打海 文三 (著)「裸者と裸者」のような、ポスト9.11のハードな内容かと思い読み始めましたが、平凡な男と、役場で「戦争事業」を担当する女性職員が主役の意外と淡々としたピュアな物語。
 派手な戦闘シーンはほとんど登場しない。
 戦争を問う小説なのだろうが、役所・官庁が議会となれ合いで独りよがりに進める公共事業(この物語では「となり町との戦争事業」)を皮肉っているように読めました。

 著者は、官庁の業務に精通しるのか、作中に出てくる公文書の類や、役人の会話はリアリティがあり、物語に現実味を持たしている。
落語の「ぜんざい公社」というネタを連想してしまった。
 新人作品としては、文章も生硬さがなく読みやすく秀作です。


火星ノンストップ
伊坂幸太郎(著)「死神の精度」

■日本SF・ファンタジー感想リンク
◆筒井 康隆 (著)「銀齢の果て」
◆小松左京 /谷甲州(著)「日本沈没(第2部)」
◆山田 正紀 (著)「神狩り 2 リッパー」
◆谷 甲州 (著)「パンドラ (上) (下)」
◆小川 一水 (著)「老ヴォールの惑星」
◆谷口 裕貴 (著)「ドッグファイト」
◆町井 登志夫 (著)「血液魚雷」
◆藤崎慎吾 (著)「ハイドゥナン〈上〉〈下〉」
◆林 譲治 (著)「ストリンガーの沈黙」
◆石黒 耀 (著)「死都日本」
◆池上 永一 (著)「シャングリ・ラ」
◆恩田 陸 (著)「ねじの回転」
◆機本 伸司 (著)「メシアの処方箋」
◆機本 伸司 (著)「僕たちの終末」
◆荒俣 宏 (著)「妖怪大戦争」
◆菅 浩江 (著)「おまかせハウスの人々」
◆菅 浩江 (著)「五人姉妹」
◆有村 とおる (著)「暗黒の城 」
◆三崎亜記(著)「となり町戦争」
◆高野 史緒 (著)「ラー」
◆田中 啓文 (著)「蹴りたい田中」
◆粕谷 知世 (著)「アマゾニア」
◆平谷 美樹 (著)「エリ・エリ」
◆石田 衣良 (著)「ブルータワー」
◆渡辺 球 (著)「象の棲む街」
◆森見 登美彦(著)「太陽の塔」
◆古川 日出男 (著)「ベルカ、吠えないのか?」














スポンサーサイト


日本SF・ファンタジー | 00:02:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。