QLOOKアクセス解析
 

PING送信プラス by SEO対策

■プロフィール

ピカードパパ

Author:ピカードパパ
FC2ブログへようこそ!

■ブックマークボタン

ブックマーク

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
上田早夕里(著)「華龍の宮」★★★★★
陸地の大半が水没した25世紀の地球を描くSF超巨編「華龍の宮」
【送料無料】華竜の宮

【送料無料】華竜の宮
価格:2,100円(税込、送料別)


(まだお読みでない方にはネタバレになります)

【 概要 】

ホットプルームの活性化による海底隆起で、多くの陸地が水没した25世紀。
リ・クリテイシャスと呼ばれる大変化の歳月を越えた人類は、残り少ない陸地や海洋上の人工都市に住む”陸上民”と、遺伝子改変で海に適応した”海上民”、人間の姿を捨て移動することなく日光を浴びてエネルギーを得る”袋人”などに変容して生き延び、新たな環境下で再繁栄している。
陸上民の国家連合と、国家を持たない海上社会が対立する中、大陸下のホットプルームが新たな試練を人間に課そうとしていた・・・。

【 感想など 】

スケール     ★★★★★
SF度        ★★★★★
物語性        ★★★★★
独自世界の構築★★★★★
力感          ★★★★★

ハヤカワSFシリーズJコレクション、588ページのSF超巨編!!
SFプロパー作家による大型SFを久しぶりに読んだ。
60年代、70年代の米英SF黄金期を思わせる作品で、J・G・バラードまで想起してしまう力作にはケチをつける気になりません。

日本人らしいきめ細やかさと、地球規模での大異変を描いたスケール感がミックスされていて、フランク・シェッツィングの『深海のYrr』なんかよりもクオリティが高い。
藤崎慎吾『ハイドゥナン』よりもダイナミックで、内容は異なるけど貴志祐介『新世界より』や、池上永一『テンペスト』と比較したくなる超大作です。

上田早夕里が”大化け”したというか、才能が”一気に開花”したと言うか・・・野球に例えるなら、毎年8勝程度の投手が、一気に20勝しちゃったような勢いです。
-◆-

ホットプルームの活性化による『地球沈没』ともいえる最初の大異変をサラッと書き飛ばして、一気に25世紀の世界に飛び込む潔さが良い。
『地球沈没』だけで長編を一冊書けそうなのに、あえてスルーすることで冗長感が出ずに済んでる。
その分、主人公の外交官・青澄誠司が25世紀の国際紛争のはざまで奔走する物語がしっかり描けた。
-◆-

〈魚舟〉と呼ばれる生物船。人間に牙をむく〈獣舟〉と呼ばれる巨大生物。生物兵器の名残と思われるクラゲがウイルスをまき散らす〈病潮〉、陸上民を補助するアシスタント知性体など、上田早夕里が作り上げた異形の世界は魅力たっぷり。
謎の海上民・ツキソメや、汎アジア連合所属の武装海上警察ツェン・タイフォン上尉など、登場人物も良い。

汎アジア連合海軍に刃向うタイフォン上尉の物語や、ツキソメを拘束しようとするネジェス(アメリカの系譜をひく政府連合)と青澄の攻防・・・≪魚舟・ユズリハ≫上での追手との格闘や潜水艦戦・・・は海洋冒険小説としても十分に面白い。(ちなみにユズリハという名は、上田早夕里の郷土・兵庫県ゆかりの常緑高木から取ったのかな・・・)
-◆-

新たな人類の危機に際して、アシスタント知性体を宇宙に飛ばす部分も壮大で面白い。
「ここまで欲張るか」と思わせるほど物語を跳躍させてる。

以上、少々持ち上げすぎかとも思うんだけど、小生にとってはSF氷河期とも思える近年にあって、SF作家によるこれほどの意欲作を読めた喜びが大きいから、褒めちぎりたいのであります。
正直言うと貴志祐介『新世界より』や、池上永一『テンペスト』より線が細い気もしますが、著者の意欲やエネルギーに100%の敬意をこめて、褒めちぎりたいのであります。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

日本SF・ファンタジー | 15:53:26 | トラックバック(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。