QLOOKアクセス解析
 

PING送信プラス by SEO対策

■プロフィール

ピカードパパ

Author:ピカードパパ
FC2ブログへようこそ!

■ブックマークボタン

ブックマーク

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
映画「ヒックとドラゴン」気持ちよく鑑賞★★★★★
 3DCGアニメ『ヒックとドラゴン』を、家族で鑑賞。
 ああ、面白かった。
 気持ちのいい映画で、娘(小4)と息子(中1)も大満足でした。

【 概 要 】

 頑健なバイキングの世界にあって、ひ弱で落ちこぼれバイキングの少年ヒックが、尾羽が傷ついて飛べなくなってしまったドラゴン・トゥースと出会う・・・。
 バイキングとドラゴンは大昔から戦いを続けてきたのだが、ヒックとドラゴンには友情が芽生え始め・・・・。

【 感想など 】

 落ちこぼれヒックが、ドラゴンは天敵だと言うバイキングの「常識・固定観念」にとらわれずに、自分の感情を信じてトゥースと心の絆を繋ぐ・・・・。
 言葉は通じないし、下手したら食われるかもしれないのに・・・。
 古い常識に縛られない”柔軟思考”って大切だというのが、この映画のメッセージでしょうかねぇ。
-◆-

 ドラゴンがバイキングの村を襲ってきたのは、大ボスの”超巨大ドラゴン”に獲物を貢がないと自分たちも食われちゃうから・・・。
 そんなことを知らないバイキングは巣を急襲してドラゴンを滅ぼそうとするんだけど、超巨大ドラゴンが現れてバイキングたちは大ピンチ。

 そこにドラゴンに載ったヒックたち見習いバイキングたちが現れます。
 ヒックがリーダーとなって、優秀な少女アスティ、力自慢のスノット、ドラゴンの豊富な知識を誇るフィッシュ、双子のタフラフが個性を生かして超巨大ドラゴンに立ち向かう・・・。

 屈強だけど古い固定観念に縛られた大人を尻目に、若くて革新的な精神を持つ見習いバイキングが、苦戦しながらも超巨大ドラゴンを打ち倒し、バイキングとドラゴンを救っちゃう・・・。
 (型にはまらない落ちこぼれ主人公が、仲間の世界を救うストーリーは『バグズ・ライフ』とよく似てる)

 この超巨大ドラゴンと、ドラゴンに載った見習いバイキングの戦いは迫力とスピードが痛快で見ごたえがありました。

 で、小生が大好きなウルトラシリーズの映画版『ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟』『大決戦!超ウルトラ8兄弟』などでも、ラスボスにCGによる超巨大怪獣が出現するのですが、「ヒックとドラゴン」の”超巨大ドラゴン”みたいな質感や重量感が無いんですよねぇ。
 技術力より、資金力の差でしょうか・・・なんか、悔しい。
 (キムタク版『CGヤマト』に日本の技術力を期待)
-◆-

エラゴン

エラゴン

価格:609円(税込、送料別)

 見習いバイキングに加勢したドラゴンが、憎めないキャラでこの映画の魅力の一つになっています。
 黒い体と優れた知能を持つ凶暴なナイト・フューリーのトゥースや、極彩色のドラゴン、2つの頭を持つドラゴン、小さくて素早いドラゴン、デブのドラゴンなど、個性的である意味美しい。
 このドラゴンたちを、1作だけで使い捨てしちゃうのは惜しい気がします。
 続編期待です。
-◆-

 超巨大ドラゴンとの戦いで大けがを負ったヒックが長期療養していた部屋から外に出ると、そこはバイキングとドラゴンが共生する街に変貌していた・・・。
 最初は『害虫』とされていたドラゴンが、愛すべき『ペット』としてバイキングとパートナーシップを築いてる。
 ヒックは憧れていたアスティのハートをキャッチすることもできたし、見事なハッピーエンド。

 映像も美しく、なんの屈託もない気持ちのいい物語でした。
 『トイ・ストーリー3』とそん色ない出来栄えで、見方によっては『アバター』よりも痛快。
 『アリエッティ』より単純明快。
-◆-

 さて、バイキングの固定観念にちなんで、少し雑感を・・・。
 クソ熱い真夏に「スーツとネクタイ」なんて旧弊に囚われていちゃ世の中よくなりませんよ。
 古い暦に従って「立秋」が過ぎたからと言って「残暑お見舞い」なんて言ってる場合じゃない・・・残暑ではなく、誰が考えても猛暑、烈暑である。
 熱中症でバタバタ人が倒れるのに、なにが「立秋」だ!!!!
  ・・・・などと、ヒックからの教訓を得て「異様な暑さ」に対しても古い慣習が根付いている日本社会に文句。
 高級スーツに身を包んで暑苦しい政争に明け暮れている誰かさんたちでは、疲弊した日本を救えない。
 日本にも”ヒック”が現れなきゃ・・・。


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

DVD・映画・映像 | 14:41:33 | トラックバック(27)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。