QLOOKアクセス解析
 

PING送信プラス by SEO対策

■プロフィール

ピカードパパ

Author:ピカードパパ
FC2ブログへようこそ!

■ブックマークボタン

ブックマーク

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
加納朋子(著)「少年少女飛行倶楽部」★★★★★
 爽快、傑作、中学校部活青春小説!!

少年少女飛行倶楽部

■内 容

 中学1年生の、海月(みづき:愛称クーちゃん)が主人公。
 両親は、美しい「月夜の海」をイメージし、字面も綺麗な「海月」という名前を付けたが、よくよく考えると”海月”と書いて”クラゲ”と読む・・・。
 だから、愛称はクラゲの”クーちゃん”。
 彼女は、変な名前でぐれることもなく、まっとうに育って中学に入学。
 この中学では部活が必修で、ひょんなことから幼馴染の樹絵里とともに「飛行クラブ」に入部。
 クラブの目的は、ただ漠然と「空を飛ぶことを目的とす」とされているだけで、手段など細かいことは何も決まっていない有様。
 今まで部員は、2年生の変人部長”斉藤神”(通称カミサマ)、野球部と掛け持ちの”中村海星”だけで、1年生の”海月””樹絵里”が加わり、その後、同じく1年生の”るなるな”、”球児くん”、”イライザ”が入部して、総勢7名の零細クラブ・・・。
 さて彼らが空を飛ぶ日はやって来るのか・・・・。

■感想など

 ノー文句に気持ちがよい小説であります。
 小生が知る作家の中で言うと、”有川浩”の恋バナ系小説とか、初野晴の『退出ゲーム』なんかと感じが似てるかな・・・。
 また、アニメ版の『時をかける少女』的でもあるし、NHKの『ドラマ8』になりそうなネタでもあります。
-◆-
 あくまで自分自身が飛ぶことを旨とし、飛行機やヘリでの飛行は除外。中学校の部活なので、予算など諸々の問題を考慮して、人力飛行機を作るなどの方法も排除する「飛行クラブ」って、飛ぶという目的だけが先行していて、具体的飛行手段に関しては、まったく「ノー・プラン」という、かなりナンセンスで、人を食ったクラブ。
 このバカバカしさだけで、小説世界に引き込まれます。(登場人物たちは真剣なんですが・・・)
-◆-
 こういう怪しくも下らない部活に参加する、”クーちゃん”たちの、二度と戻らないみずみずしい中学生活がイイ感じ・・・。
  •  ”海月(みづき)”と言う名の、漢字の読みは”クラゲ”。
  • 中村先輩の”海星(カイセイ)”という名前は、漢字の読みは”ヒトデ”
  • 宝石=ジュエリーの”樹絵里”
  • 「朋」と言う名前は、月が二つだから”るなるな”と読ませる。
  • 野球部員と野球部マネージャーだった両親が、息子の甲子園出場を目指して付けた”球児
  • 障害を持つ”エンゼ”という名の姉を守るために付けられた斉藤部長の”神(ジン)”という名前。
  •  親が入れ込んで付けた変わった名前をもつ中学生たちが、みな個性があって可愛らしい。
     小生は50歳直前でありまして、バカバカしいことにも真剣になれる「飛行クラブ」の面々の若さが羨ましく、自分自身の中学時代が懐かしくもあります。
     そして彼らの淡い恋が、何となくくすぐったい感じ・・・・。
     
     これらがすべて相まって、読後には心がふわっと飛行したような気分に浸れました。
     フ~~ム。これぞ精神的な「飛行クラブ」!!!!

    -◆-
     飛行することって、色々なくびきから解き放たれること・・・即ち”自由”の象徴なんですね。
     だから「飛行クラブ」ってことなのでしょう。

     とにかく、現実社会がドロドロゆえに、この作品の清涼感が心に沁みます。
     あ~~気持ち良かった。


    ブログランキングブログランキング


     ななつのこ











    スポンサーサイト
    日本文芸一般 | 20:50:33 | トラックバック(0) | コメント(0)
    次のページ

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。