QLOOKアクセス解析
 

PING送信プラス by SEO対策

■プロフィール

ピカードパパ

Author:ピカードパパ
FC2ブログへようこそ!

■ブックマークボタン

ブックマーク

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
S・キング原作映画『ミスト』★★★★★…何という結末!!
S・キング原作の映画『ミスト』をDVDで観賞しました。
 
【新品DVD】ミスト/トーマス・ジェーン

(注)素朴に感想書くので、まだ御覧じゃない人にはネタバレになっちゃいます。

【内 容】

 モダンホラー帝王スティーヴン・キングの中編『霧』を原作とした2008年日本公開の映画。
 激しい嵐で家が破損して修理用品などを買うために街のスーパーマーケット出かける主人公デイヴィッドと息子のビリー。
 街へ向かう途上では多くの軍用車や緊急車両が道路を走っていき、ただならぬ気配。
 そしてデイヴィッド親子がスーパーマーケットで買い物をしていると鼻血を流した男が「霧の中に何かがいる!」と半狂乱になってマーケットに駆け込みマーケットの扉を閉めるよう必死に訴える。
 男がマーケットに来てまもなく異様な霧が店を覆い、商品棚が倒れ、天井材が落下するほど店全体が激しく揺れる。
 さらに、店から外に出ようとした若者が巨大な触手に引きずり出され・・・・。

【感 想】

 小生は「呪われた町」「シャイニング」「ファイアスターター」「クージョ」などが日本で刊行された頃から若い頃からスティーヴン・キングのファンで、この映画の原作『霧』も強く印象に残る作品の一つです。
-◆-
で、映画『ミスト』はどうかというと、キング作品を原作としたホラー映画のなかでは出色の出来。
(『グリーンマイル』『ショーシャンクの空に』『バトル ランナー』などは非ホラー作品なので・・・・)
 ジョニー・デップに主演させた『シークレット ウインドウ』などに比べてもダントツに出来が良い。
-◆-
 原作の『霧』でもスーパーマーケットに孤立した人々が味わうじわじわと迫る来るような恐怖が物語のツボなのですが、映画版でも店内の人々が徐々に追いつめられて行く様が上手く描かれています。
 霧の中から現れるモンスターに襲わながらも、非現実的な出来事を理解しようとしない弁護士や、悪夢のような出来事を神の裁きだとして人々を先導するユダヤの神を信じる狂信的な女性などが事態を複雑化させて恐怖と苛立ちが頂点に達します。
-◆-
 映画の後半ではデイヴィッド親子と3人の男女がスーパーマーケットから脱出して自動車で南に向かいます。
 電話やテレビ・ラジオも途絶えていて、モンスターが潜む霧がどこまで続いているかなど情報が全くつかめないままの不安な道行き・・・・。
 途中出逢う超巨大生物は、今まで見た映画のなかでも飛び抜けた存在感。
 毛色は違いますが、もののけ姫のダイダラを連想させる雄大とも言えるモンスター。
-◆-
 自動車での南への旅もやがて燃料が尽きてしまいます。
 周りは霧に包まれており、二進も三進も行かなくなったデイヴィッドたち。
 自動車の中で孤立し恐怖に固まる幼い息子たを含む5人・・・・そして衝撃のラスト!!

 旧作の『猿の惑星』で、主人公が埋もれている自由の女神を見つけたラストシーンを見た時のと似た感触・・・・。
 さらには主人公が味わったであろう無念さ悲しみ、怒りや悔恨など色々な感情が押し寄せてきて心が壊れそうになります。
-◆-
 道具立てがド派手で大きな期待を持たせた『クローバーフィールド』や、ハリウッド版『ゴジラ』などに比べても、本作はドキドキ感やサプライズなどすべてに渡って優っているように感じました。
(ホラー故の”グロ”さもスプラッターを苦手とする小生にとっても許容範囲でした。)

VAIO type P

VGN-P90HS オススメスペック1「刻印なし」






スポンサーサイト
DVD・映画・映像 | 10:22:18 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。