QLOOKアクセス解析
 

PING送信プラス by SEO対策

■プロフィール

ピカードパパ

Author:ピカードパパ
FC2ブログへようこそ!

■ブックマークボタン

ブックマーク

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
コーマック マッカーシー(著)「ザ・ロード 」★★★
ピュリッツァー賞作品
ザ・ロード
■内 容

 核戦争後と思われる破滅したアメリカ。
 あらゆる動植物がほとんど死に絶え、灰が薄く積もった世界を父と子がひたすら南へ向かう。
 荒廃した社会にあって無垢の心を持ち続ける子と、息子を守るためにひたすら前進を続ける父親を描いたロードノベル。

■感想など

 破滅後の世界を描いた文学とSFがクロスオーバーした作品。
 ストーリーの中心を為す親子の物語は文学的で、「核戦争後と思われる灰に覆われたアメリカ」と言うSF的な設定は舞台背景でしかないのかな・・・。
-◆-
 息子はストイックなまでに善良な心を持ち続けていて、父親が廃墟となった家に残っていた食糧や道具を持ち出そうとしても「盗んだことにならないか」と心を痛める。
 生き残るためには盗みや殺しが常となった破滅後の世界で、無垢な息子の心を出来る限り傷つけずに、サバイバルを続ける父親の葛藤・・・・。
-◆-
 SF的な世界の救済もなく、アクションも何もなく、これと言った目的地があるでもない親子の絶望に満ちた旅の様子がひたすら描かれていて、ダイナミックな娯楽作ではない。
 子供の命とピュアな心を失わないために、命をすり減らす父親の心象を追うことで得られる静かな感動がこの物語のすべて。

 あとがきにはN・シュートの『渚にて』や、S・キングの『ザ・スタンド』、J・ウインダムの『さなぎ』を類書として揚げていたけど、全く別物だと小生は感じました。
 敢えて上げればJG・バラードかな・・・。
-◆-
 2009年版『このミス』でも本作を高く評価する書評家がおられたが、小生はやや退屈したまま読み終えました。(程度の低い小生の脳みそを刺激しない文学作品です)


ブログランキングブログランキング



I/Oデータ ウイルススキャン/ハードウェア自動暗号化機能搭載セキュリティUSBメモリー 1GB【税...









スポンサーサイト
海外SF・ファンタジー | 17:01:08 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。