QLOOKアクセス解析
 

PING送信プラス by SEO対策

■プロフィール

ピカードパパ

Author:ピカードパパ
FC2ブログへようこそ!

■ブックマークボタン

ブックマーク

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ニール ゲイマン&プラチェット(著)「グッド・オーメンズ(上)」★★★★★
 
グッド・オーメンズ(上) グッド・オーメンズ(下)


■ストーリー
 ヨハネの黙示録に記されたハルマゲドンめざして、“友人同士”である悪魔クロウリーと天使アジラフェールは与えられた務めを果たすため地球上を駆け回る。
なぜか地球・この世に愛着を抱いてしまった天使と悪魔はハルマゲドンに消極的で、さらにはこの世を滅ぼすために遣わされた赤ん坊が病院で取り違われてハルマゲドンの段取りは狂いっぱなし・・・。
地球の運命はどうなるのか・・・笑わずにいられないハルマゲドン・ストーリー。

■感想など
 大人の童話とも言える作品『アナンシの血脈』でニール ゲイマンにハマって、続け様に『コラライン』を読み、『グッド・オーメンズ』が今年3作目になる。
 ニール ゲイマンは、ちょっとしたマイブーム。
 作者が放つ毒矢がチクチクと刺さって来てなにしろ面白い。
 文明批判や社会を皮肉くる「シニカル」な笑いが堪らない。
 地球創造から長年付き合ってきた悪魔クロウリーと天使アジラフェールが腐れ縁というか、ある種ギブ・アンド・テイクの関係。
 彼らが主人公なのか狂言まわしなの判然としないけど、憎めない二人(?)なのであります。

 悪魔クロウリーによると、人間は「悪魔でも考えつかないような」悪事を働くそうなのだけど皮肉で笑えるでしょ。
 とにかく小生ごときが説明しても始まらないので、「モンティ・パイソン」を見てクスクス笑っていたような方には実際にお読みいただくと良い。
 映画「デスノート」、伊坂幸太郎の「死神の精度」にでてくる死神もなんだか可愛いヤツだったけど、『グッド・オーメンズ』の悪魔もなかなかイイ奴で・・・。
 結局、人間が一番恐ろしいと言うことなのかぁ?


アナンシの血脈(上)
アナンシの血脈(下)

ブログランキングブログランキング


【PSP】メモリースティックビデオレコーダー「レコロク」






スポンサーサイト
海外SF・ファンタジー | 08:47:54 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。