QLOOKアクセス解析
 

PING送信プラス by SEO対策

■プロフィール

ピカードパパ

Author:ピカードパパ
FC2ブログへようこそ!

■ブックマークボタン

ブックマーク

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
荻原 浩 (著)「さよならバースディ」★★★☆
さよならバースディさよならバースディ

山本周五郎賞受賞第一作
 類人猿ボノボの言語習得実験を行う霊長類研究所が舞台。
 そこで働く研究者、実験をされるボノボ、研究所で相次いだ自殺事件を巡るミステリー。
 自殺事件の目撃者は特性キーボードを駆使して会話をする類人猿ボノボ「バースディ」だけ。
 若き研究者が研究所に棲むヤミを暴く。

 極めて読みやすい文章。
 疲れることなく最後まで読み通せる。
 研究者と、助手の女性の恋愛が切ない。

 ただし、登場人物の心の動きが、やや安易。
 2件の自殺事件が、物語のキーなのですが、人はそんなに簡単に自殺を選択できるのか。
 自殺する必然性が薄い気がした。

 しかし、この作家の他の本も読みたくなった。
 読みやすい文章と心優しい雰囲気は、この作家の魅力です。

【♪送料・代引き無料♪】大豆抽出物(イソフラボン含有)【ナノコエンザイムQ10】

■日本 冒険・ミステリー感想リンク
◆横山 秀夫 (著) 「顔」
◆横山 秀夫 (著)「クライマーズ・ハイ」
◆横山 秀夫 (著)「看守眼」
◆横山 秀夫 (著)「真相」
◆横山 秀夫 (著)「動機」
◆横山 秀夫 (著)「半落ち」
◆横山 秀夫 (著)「臨場」
◆宮部 みゆき (著)「理由」
◆東野 圭吾 (著)「殺人の門」
◆東野 圭吾 (著)「片想い」
◆高嶋 哲夫 (著)「ミッドナイトイーグル」
◆瀬名 秀明 (著)「デカルトの密室」
◆服部 真澄 (著)「GMO〈上〉〈下〉」
◆福井 晴敏 (著)「6(シックス)ステイン」













スポンサーサイト
日本冒険・ミステリー | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。