QLOOKアクセス解析
 

PING送信プラス by SEO対策

■プロフィール

ピカードパパ

Author:ピカードパパ
FC2ブログへようこそ!

■ブックマークボタン

ブックマーク

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
篠田節子(著)「はぐれ猿は熱帯雨林の夢を見るか」が面白い
篠田節子の傑作中編集「はぐれ猿は熱帯雨林の夢を見るか」

SFテイスト満載で、篠田節子の初期作品を思わせる味わいがあって、楽しいエンタテインメント作品になってます。

【 深海のELL 】

フランク・シェッツィングのベストセラー海洋SF『深海のYrr』のパロディ。
2メートルもあって目が光ってるウナギが海でバカほど捕れちゃって、これを食べた人が食中毒を起こして、このウナギには体内で濃縮されたレアメタルがたっぷり含まれていた・・・。
これを資源化すれば・・・という話。

『おバカ海洋SF』の器で、話題のレアメタルを扱ったナイスな作品。

【 豚と人骨 】

この題名も、なにかのパロディみたいな気もするのに、元ネタが思いつかない・・・。
で、マンションを建てようとしたら古い骨が大量にでてきて、役所主導の埋蔵文化財調査になっちゃう。
著者の埋蔵文化財調査にかかる知見がなかなかのものです。

で、縄文時代にすでに豚を飼育していたのではないかと推定されて、長く眠りについていた寄生虫が蘇って一騒ぎあって、ドタバタ・・・。

女性の骨ばかりが積み重ねられたように埋まっているという設定が、妙にリアル。
なかなか面白い。

【 はぐれ猿は熱帯雨林の夢を見るか 】

言わずと知れたP・K・ディックの『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』をもじった題名。
で、本作は猿のボノボの意識を持たせて生物をシミュレーションするロボットと、このロボットにストーカーされる”とある女性”を巡るお話し。

不気味な場面があるかと思うと、ボノボの習性にまつわる下ネタ(?)が炸裂して、なんとも可笑しい!!

【 エデン 】

男がハニートラップによって拉致されて、タコ部屋的にトンネル掘削工事につかされ、これが63年がかりの工事!?
新世界を求めてひたすら掘り進める・・・。

なんとまあ、不思議で凄い作品!!
SF的ツールやガジェットは皆無なんだけど、SFの手触りがあって、えもしれない後味が残ります。


総じて4作品とも出来がイイ。
”筒井康隆””かんべむさし””横田順彌”が書いていた「70年代日本SF」の系譜を引き継ぐ、美味しい中編集でした。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

日本SF・ファンタジー | 12:12:39 | トラックバック(0)
牧野修・田中啓文(著)「郭公の盤」★★★★☆
牧野修と田中啓文の合作による超絶伝奇SF「郭公の盤」
【送料無料】郭公の盤

【送料無料】郭公の盤
価格:1,890円(税込、送料別)


(まだお読みでない方にはネタバレになります)

【 概要 】

世界最古の遺物で、破滅的な力を持つと言われる「郭公の盤」を手に入れようとする者たちと、それを阻止しようとする「守宮(やもり)」の一族の戦い。

【 感想など 】

スケール    ★★★★★
ぶっ飛び伝奇度 ★★★★★
破壊力     ★★★★★
独自世界の構築 ★★★★★


20年近く前に読んだ巨匠F.ポール・ウィルスンによる伝奇SF『黒い風』を思い出しました。

「国生み神話」「蛭子」[耳なし芳一」、終戦の「玉音放送」、皇室に代々仕える「守宮」一族、、「正倉院破壊」、無敵の戦士「郭公」など心くすぐるガジェットが山盛り。
さらには唐突にエロ・グロも混ぜ込まれ、終盤には巨大怪獣が迫ってくるし・・・・伝奇SFはこうじゃなきゃね。
”大風呂敷”を広げ、”大法螺”を吹けば吹くほど伝奇SFファンタジーは面白い。

藤木稟の伝奇ファンタジー『太古の血脈』には物足りなさを感じたけど、これでもかと「破天荒」「無茶苦茶」「荒唐無稽」をぶちまけてくる『郭公の盤』には伝奇ファンタジーらしいおバカ・エネルギーが満ち満ちてる!!

キワモノ的物語こそが、正統派の伝奇SFファンタジーなのだ!!
『インディ・ジョーンズ』と『24』を足したような”度はずれた物語”を合作した牧野修と田中啓文は偉いっ!!
『郭公の盤』プロモーション・ヴィデオ、YouTube

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村





テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

日本SF・ファンタジー | 21:29:02 | トラックバック(1)
上田早夕里(著)「華龍の宮」★★★★★
陸地の大半が水没した25世紀の地球を描くSF超巨編「華龍の宮」
【送料無料】華竜の宮

【送料無料】華竜の宮
価格:2,100円(税込、送料別)


(まだお読みでない方にはネタバレになります)

【 概要 】

ホットプルームの活性化による海底隆起で、多くの陸地が水没した25世紀。
リ・クリテイシャスと呼ばれる大変化の歳月を越えた人類は、残り少ない陸地や海洋上の人工都市に住む”陸上民”と、遺伝子改変で海に適応した”海上民”、人間の姿を捨て移動することなく日光を浴びてエネルギーを得る”袋人”などに変容して生き延び、新たな環境下で再繁栄している。
陸上民の国家連合と、国家を持たない海上社会が対立する中、大陸下のホットプルームが新たな試練を人間に課そうとしていた・・・。

【 感想など 】

スケール     ★★★★★
SF度        ★★★★★
物語性        ★★★★★
独自世界の構築★★★★★
力感          ★★★★★

ハヤカワSFシリーズJコレクション、588ページのSF超巨編!!
SFプロパー作家による大型SFを久しぶりに読んだ。
60年代、70年代の米英SF黄金期を思わせる作品で、J・G・バラードまで想起してしまう力作にはケチをつける気になりません。

日本人らしいきめ細やかさと、地球規模での大異変を描いたスケール感がミックスされていて、フランク・シェッツィングの『深海のYrr』なんかよりもクオリティが高い。
藤崎慎吾『ハイドゥナン』よりもダイナミックで、内容は異なるけど貴志祐介『新世界より』や、池上永一『テンペスト』と比較したくなる超大作です。

上田早夕里が”大化け”したというか、才能が”一気に開花”したと言うか・・・野球に例えるなら、毎年8勝程度の投手が、一気に20勝しちゃったような勢いです。
-◆-

ホットプルームの活性化による『地球沈没』ともいえる最初の大異変をサラッと書き飛ばして、一気に25世紀の世界に飛び込む潔さが良い。
『地球沈没』だけで長編を一冊書けそうなのに、あえてスルーすることで冗長感が出ずに済んでる。
その分、主人公の外交官・青澄誠司が25世紀の国際紛争のはざまで奔走する物語がしっかり描けた。
-◆-

〈魚舟〉と呼ばれる生物船。人間に牙をむく〈獣舟〉と呼ばれる巨大生物。生物兵器の名残と思われるクラゲがウイルスをまき散らす〈病潮〉、陸上民を補助するアシスタント知性体など、上田早夕里が作り上げた異形の世界は魅力たっぷり。
謎の海上民・ツキソメや、汎アジア連合所属の武装海上警察ツェン・タイフォン上尉など、登場人物も良い。

汎アジア連合海軍に刃向うタイフォン上尉の物語や、ツキソメを拘束しようとするネジェス(アメリカの系譜をひく政府連合)と青澄の攻防・・・≪魚舟・ユズリハ≫上での追手との格闘や潜水艦戦・・・は海洋冒険小説としても十分に面白い。(ちなみにユズリハという名は、上田早夕里の郷土・兵庫県ゆかりの常緑高木から取ったのかな・・・)
-◆-

新たな人類の危機に際して、アシスタント知性体を宇宙に飛ばす部分も壮大で面白い。
「ここまで欲張るか」と思わせるほど物語を跳躍させてる。

以上、少々持ち上げすぎかとも思うんだけど、小生にとってはSF氷河期とも思える近年にあって、SF作家によるこれほどの意欲作を読めた喜びが大きいから、褒めちぎりたいのであります。
正直言うと貴志祐介『新世界より』や、池上永一『テンペスト』より線が細い気もしますが、著者の意欲やエネルギーに100%の敬意をこめて、褒めちぎりたいのであります。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村


テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

日本SF・ファンタジー | 15:53:26 | トラックバック(0)
宮部みゆき (著)「英雄の書」★★★☆☆
 宮部みゆきの”渋すぎる”ファンタジー小説「英雄の書」
英雄の書 上下巻セット著:宮部みゆき

英雄の書 上下巻セット著:宮部みゆき

価格:3,360円(税込、送料別)


内 容

 主人公・森崎友理子(小学校5年生)は、中学2年生の兄・大樹がクラスメイト2人を刺して姿を消して以来、学校を休んでいた。
 ある日、本棚の赤い本から「嬢ちゃん、起きて」と呼び掛けられて、兄を救うための冒険が始まる・・・。

感想など

 宮部みゆきの”純粋ファンタジー”といえば『ブレイブ・ストーリー』
 ゲームから派生した『ICO-霧の城』
 『ドリームバスター』もファンタジー的要素があるかな・・・。(『蒲生邸・・』や『鳩笛草』などSF系と、本作などファンタジー系は区分して考えます)
 本作を含めて、好きな順に並べると、ブッチギリの1位が『ブレイブ・ストーリー』、惜しくも2位が『ICO-霧の城』で、本作は上位2作にだいぶ離されて3位か4位・・・。
 『ブレイブ・ストーリー』ほどの、血湧き肉躍るワクワク感は感じられず、やや世界観が暗い・・・・。
 続編が生まれそうな気配もあって、スカッとした結末じゃないことも減点要素。
-◆-

 友理子が、本(命あるもの)の導きで、印を戴く者=オルキャストのユーリとなって“英雄”に取りつかれた兄を救う旅に出かける冒険物語で成長物語・・・。
 で、この小学校5年生の少女ユーリが、「無名僧」「咎の大輪」「虚ろの書」「黄衣の王」「灰の男」など、渋いキーワードが紡ぐ異世界を旅することが、深すぎると言うか哲学的だと言うか・・・。
 五木寛之が『百寺巡礼』するならストンと嵌るんだけど、小学5年生の女子が旅するには陰鬱すぎて気の毒な・・・・。
-◆-

 結果的に、兄を救えないことや、「英雄=黄衣の王」を倒せずぬままであること、大叔父・水内一郎の陰鬱な末路など、スッキリできずに重いものを抱えたまま放り出されちゃった気分・・・。

 充分に水準を超えた作品だとは思うけど、実社会が暗いから痛快なファンタジーを心が欲しています。
 「渋すぎる」「深すぎる」という贅沢なクレームをつけて感想をくくります。
 (あと、小生の世代だと”アッシュ”は、田中光二の「アッシュシリーズ」が思い浮かぶ・・・。)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村



テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

日本SF・ファンタジー | 13:14:18 | トラックバック(6)
森見登美彦(著)「宵山万華鏡」★★★★★
森見登美彦の十八番、京都ファンタジー『宵山万華鏡』

■内容(「BOOK」データベースより)

 ”祇園祭宵山”の京都。ふとしたことで姉と手を離してしまった妹は、姉とはぐれてしまい、赤い着物姿の少女たちと、現実と幻の狭間を彷徨う。

 大学最後の夏、”宵山法度違反”で怪しい男たちに捉えられ、「白塗りの怪僧」や「金魚鉾」、そして謎の「宵山様」に出会う驚愕体験をした男・・・。

 ”祇園祭宵山”を舞台とした「宵山姉妹」「宵山万華鏡」「宵山金魚」「宵山劇場」「宵山回廊」「宵山迷宮」からなる、”幻想”と”ナンセンス”の連作中篇集。

■感想など

 「宵山姉妹」「宵山万華鏡」は幻想色の強い作品で、幻想小説の名手で、既に伝説と化した”山尾悠子氏”を思い起こします。
 作中登場する「赤い着物を着た美しい少女たちの集団」は、謎めいていて、なにやら哲学的な趣さえ有ります。
-◆-
 「宵山金魚」「宵山劇場」は、『夜は短し歩けよ乙女』の続編的な作品で、大学生のナンセンスな日常が可笑しい。
 大好きな作品『夜は短し歩けよ乙女』の、懐かしい面子やエピソードに出会えて、旧友と酒を酌み交わしたような心地よさ。
 バカバカしくて、不条理で、突き抜けていて、常識に塗り固められた社会人などからすると、もはや異次元、別世界。
-◆-
 それぞれの中編が繋がったとき、”幻想”、”ナンセンス”、”不条理”が混然一体に溶け合って、作品は互いに絡み合い、メビウスの輪のように物語は完結していく・・・・。

 森見登美彦固有の職人芸です。


ブログランキングブログランキング



夜は短し歩けよ乙女










日本SF・ファンタジー | 20:24:41 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。