QLOOKアクセス解析
 

PING送信プラス by SEO対策

■プロフィール

ピカードパパ

Author:ピカードパパ
FC2ブログへようこそ!

■ブックマークボタン

ブックマーク

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「特捜部Q 檻の中の女」ユッシ・エーズラ・オールスン (著)★★★★
デンマーク発の警察小説「特捜部Q 檻の中の女」
【送料無料】特捜部Q

【送料無料】特捜部Q
価格:1,995円(税込、送料別)


(まだお読みでない方にはネタバレになります)

コペンハーゲン警察のカール・マーク警部補は、関わった事件で同僚を一人殺され、さらに一人は障害を負ってしまう事件を経験。
仲間内で厄介者扱いされるカールは、未解決の重大事件を専門に扱う「特捜部Q」の統率を命じられた・・・要するに厄介払いです。

「特捜部Q」は警察署に地下に設置され、警官の部下はおらず、シリア系の変人アサドが事務から掃除までこなすアシスタントとして採用された・・・・。

少々変人的な警察官・カールと、何でも屋で怪しげな筋ともつながりのあるアサドのコンビが軽妙な面白さを醸し出します。

へたすると、カールよりも不思議な男・アサドの方が活躍したかもしれないなぁ。
-◆-

軽妙なカールとアサドのコンビとは対照的に、本編のメインである『女性議員ミレーデ・ルンゴー失踪事件』はシビアです。
加圧室に5年間も監禁されて、6気圧もの圧力に馴らされた身体は、1気圧の外界に戻ると破裂してしまうという過酷な状況。

とうに失踪して自殺したと思われていたミレーデを、カールたちが救えるか・・・という終盤は、ノンストップ状態で進みます。

ミレーデの、言葉が不自由な弟の絆も含めて、印象的なストーリーです。
-◆-

軽さと重さが良い塩梅に混交されていて、デンマークの異文化も興味深く、なかなか面白い警察小説でした。

「特捜部Q」という、ややキワモノめいた邦題も妙なインパクトがありますねぇ。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

海外ミステリー | 18:29:42 | トラックバック(0)
スティーグ・ラーソン(著)「ミレニアム1 ドラゴンタツゥーの女(上)(下)」★★★★☆
スウェーデン発のベストセラーシリーズ第1弾
  「ミレニアム1 ドラゴンタツゥーの女」
ミレニアム(1 〔上〕)

ミレニアム(1 〔上〕)

価格:1,700円(税込、送料別)

ミレニアム(1 〔下〕)

ミレニアム(1 〔下〕)

価格:1,700円(税込、送料別)


■内 容

 月刊誌“ミレニアム”の発行責任者で敏腕ジャーナリストのミカエル・ブルムクヴィストは、大物実業家のスキャンダルを暴いたばかりに名誉棄損で有罪判決を受ける羽目に・・・。
 出版社から当面離れることにしたとき、大企業グループの重鎮ヘンリック・ヴァンゲルから40年前の少女失踪事件の真相解明を依頼される。
 ヴァンゲル一族の住む孤島で調査を開始したミカエルは、あることをきっかけにセキュリティ会社の女性調査員リスベット・サランデルと出会い、二人で少女失踪事件の調査を進めることになるのだが・・・。

■感想など

 懐具合優先のため、ほぼ図書館で借りた本だけを読む小生にも、ようやく評判の『ミレニアム』を読む機会が巡ってきました。

 で、まずまずの面白さ・・・。
 謎解きも、じっくりと書き込まれ、架空の資本家ヴァンゲル家にまつわる『ダ・ヴィンチ・コード』みたいな・・・。
 猟奇的連続殺人犯は、『リンカーン・ライムシリーズ』を思わせる雰囲気もあるし・・・。
ミカエル・ブルムクヴィストとリスベット・サランデルのコンビは、リンカーン・ライム&アメリア・サックスを思わせなくもない。
-◆-

 なかでも、リスベット・サランデルのインパクトが強い。
 少年のような身長150cm、体重40キロの小柄な身体のいたるところにタトゥーを入れていて、鼻にはピアス・・・。
 バイクで疾走する天才ハッカーでもある彼女は、幼少期から人を信じることをせず、頑なにコミュニケーションを拒むことから精神科医に「偏執症的な統合失調性の妄想にとらわれており、双極性障害が見られ、共感能力が完全に欠如している」とされ、法定後見人を付けられていてる。
 彼女のなけなしの財産は、後見人に管理されている。
 そして、統合失調性、双極性障害と受け止められる極端な個性の代償なのか、ハッカーとしての天性や、カメラ的な記憶力に恵まれている。

 要するに、社会に背を向けた人嫌いのアウトロー。
 しかし、正義感は強く、女を蔑み性的虐待に走る男には異常な嫌悪感を持つ。
 自分に極めて悪質なセクハラを仕掛けてきた後見人らを”懲らしめる”一面も・・・。

 ハリウッド的でもあるヒロイン”アメリア・サックス”と比較すると、”リスベット・サランデル”は、光と闇を併せ持つヒロインで、安易に近づくと火傷しそうな・・・。

 『ミレニアム1』を読む限りでは、その面白さはリスベット・サランデルというキャラに尽きるようです。
-◆-

 さて、作者のスティーグ・ラーソン。
 彼の経済への考え方を表すミカエルのセリフ・・・。
 「スウェーデン経済とスウェーデンの株式市場を混同してはいけません。スウェーデン経済とは、この国で日々生産されていりう商品とサービスの総量です。それはエリクソンの携帯電話であり、ボルボの自動車であり、スカン社の鶏肉であり・・・・」
 「株式市場は、これとまったく別物です。そこには経済もなければ、商品やサービスの生産も。ないあるのは幻想だけです。企業の価値を時々刻々、十億単位で勝手に決めつけているだけなんです。現実ともスウェーデン経済とも何のかかわりもありません」
 スティーグ・ラーソン氏についてウィキペディアには「ジャーナリスト」「共産主義者」と紹介されているのですが、上に引用した文書からも、市場主義への反感がにじみ出ています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村







テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

海外ミステリー | 14:02:46 | トラックバック(0)
ジェフリー・ディーヴァー(著)「ソウル・コレクター」★★★★★
おなじみ、リンカーン・ライム・シリーズ第8弾。
ソウル・コレクター

ソウル・コレクター

価格:2,500円(税込、送料別)


■内 容

 リンカーン・ライムのいとこアーサーが殺人の罪で逮捕された。
 アーサーは無実を主張するが、DNAなど証拠が揃い有罪は確定的で、弁護士もサジを投げかけてる。
 アーサーの妻ジュディに助けを求められたライムは、そろいすぎた証拠に違和感を覚え、確定的証拠が揃いながら被疑者が無罪を訴えるケースを洗い出すと、すでに複数の同様の事件が・・・。

 姿の見えぬ何者かが、巧妙に証拠を捏造し、己の罪を他人になすりつけ、殺人を繰り返しているのだった。
 史上もっとも卑劣で神のごとき力を持つ犯罪者『すべてを知る男』と、ライムや刑事アメリア・サックスたちの戦いの火蓋が切って落とされる・・・。

■感想など

 リンカーン・ライムシリーズの近作の中では、小生はこの作品にインパクトを感じました。
 何しろ、”五二二号”と名付けられた犯罪者「すべてを知る男」が恐い。

 ”五二二号”は、小売店での購買履歴、サービス利用履歴、電話の通話履歴、クレジットカードの利用履歴など、膨大なデータベースを蓄積・分析して顧客全体のニーズの傾向などを洗い出してビジネスに役立てる”データマイニング”を業務にする『SSD社』の関係者。

 データベースを不正利用してターゲットの好みや趣味を把握して近づき、やがて絵画などを奪った上で暴行し殺害。
 また、犯行の際には、巧妙に証拠を捏造し、偽の目撃情報を流すなどして、無実の人間を犯人に仕立て上げる・・・。

 データベースを駆使し、コンピュータ上の記録を書き換えることで、セリットー刑事の検査結果を書き換えて薬物使用者に仕立て上げたり、電気代未払いのデータをでっち上げられたライムの自宅は、電気を止められ停電する始末・・・・。
 偽データによりアメリアも愛車を没収されてしまい、捜査陣は混乱。

 コンピュータ上のデータに依存しきっている社会を好きなように改変出来る”五二二号”は、全知全能の力を持つ男なのです。
-◆-

 ”五二二号”が犯罪を始めるにあたって、”練習台”にされた男は、見に覚えの無い借金などが降りかかるなど、あれよあれよと言う間に仕事も家族も財産をも失い、人生をズタボロに・・・。
 いまでは半ば精神を侵され、携帯電話、クレジットカードをはじめ、あらゆる電子機器を徹底的に避けるパラノイア状態。

 とにかく、オーウェルの小説「1984」に出てくる”独裁者ビッグブラザー”が市民を監視しているようなことを、データマイニングを行う一企業『SSD社』が行っていて、個人情報について神経質にならざるを得ない怖い物語となっています。
-◆-

 で、現実に”データマイニング”という手法は存在しており、<”五二二号”に人生を奪われる>なんてことが、まったくの絵空事とは云いきれないから背中が寒くなってきます。
 知らない間に収集されている個人情報を思うと怖い・・・。

 楽天が顧客データを収集してる話なんて、『ソウル・コレクター』状態でしょ。
 小生は、インフォシークでは検索しないようにしてますが、アンケートとかに答えているからヤバいかも・・・。
-◆-

 『SSD社』に犯人がいることは安易に想像出来るんですが、社長以下、社員には、犯人らしき怪しげな登場人物が何人も周到に配置されていて、読者を惑わせる技は一級品。

 また、前作「ウォッチメイカー」の犯人の影も現れ、続き物としての魅力も・・・。

 細かいことは抜きにしても、抜群のリーダビリティは健在だし、ライム、アメリア、プラスキーらレギュラー陣も活きいきしており、文句なく楽しめました。

 500ページを超える長編ですが、全然長い気がしない娯楽作です。


ブログランキングブログランキング


ウォッチメイカ-

ウォッチメイカ-

価格:2,200円(税込、送料別)


ポーカーはやめられない

ポーカーはやめられない

価格:998円(税込、送料別)






海外ミステリー | 18:14:11 | トラックバック(1) | コメント(0)
トム・ロブ・スミス(著)「グラーグ57(上・下)」★★★★★
 処女小説『チャイルド44』で注目を浴びたトム・ロブ・スミスによる”レオ・デミドフ”シリーズ第2弾!!

■内 容

 世界を震撼させた『チャイルド44』の続編、怒濤の登場!(新潮文庫HPより・・)
 運命の対決から3年――。レオ・デミドフは念願のモスクワ殺人課を創設したものの、一向に心を開こうとしない養女ゾーヤに手を焼いている。折しも、フルシチョフは激烈なスターリン批判を展開。投獄されていた者たちは続々と釈放され、かつての捜査官や密告者を地獄へと送り込む。そして、その魔手が今、レオにも忍び寄る……。
 レオに突きつけられた要求は苛酷をきわめた。愛する家族を救うべく、彼は極寒の収容所に潜入して、自ら投獄した元司祭を奪還する。だが、彼を待っていたのは裏切りでしかなかった。絶望の淵に立たされ、敵に翻弄されながらも、レオは愛妻ライーサを伴って、ハンガリー動乱の危機が迫るブダペストへ――。国家の威信と個人の尊厳が火花を散らした末にもたらされる復讐の真実とは?

■感想など

 前作『チャイルド44』は、ミステリの面白さに加えて、スターリン体制下のソ連における人民の閉塞感や、共産党独裁による監理社会の恐ろしさが見事に描かれていて、とびきり面白かった。

 そして、本作は、『チャイルド44』から3年後の物語。
 かつて、国家保安省捜査官レオに逮捕した女性が延々と恨みを持ち続け、レオはもとより、その妻ライーサや養女のゾーヤにまで牙を向ける復讐談。
-◆-
 シリーズ第2弾も
面白い。
 ただし、管理国家ソビエトの陰鬱な社会を緻密に描写した前作『チャイルド44』には及ばない感じがしました。

 モスクワから極東の収容所、さらにはハンガリーにまでおよぶスケールの大きな物語は、小さな出来事の積み重ねが見事に収斂していった『チャイルド44』と比較すると、やや大味・・・。

 主人公レオが、収容所で受ける過酷な試練や、ハンガリー動乱にまつわる顛末は個々に見ると面白いのですが、物語を通してみると、展開が強引すぎるような・・・。
 また、レオと妻、レオと養女の関係が重すぎて、しんどい。
-◆-
 『チャイルド44』の出来映えが良すぎたってことかな・・・。
 それでも、妙な疲労感を抱くことなく読み進めることが出来るのは、訳文が良いからなのかも知れません。
 翻訳物は、訳者の力量で大きく印象が変わるのだと感じます。


ブログランキングブログランキング


 
チャイルド44(上巻) チャイルド44(下巻)










海外ミステリー | 21:04:01 | トラックバック(1) | コメント(0)
バリー・アイスラー(著)「フォールトライン~断たれた絆」★★★★
 CIAで戦略スタッフだった作者による暗号化プログラムを巡るサスペンス。


■内 容

 優等生の弟アレックスは弁護士になりシリコン・ヴァレーの法律事務所に勤務。
 体育系の兄ベンは軍隊に入り、今では特殊部隊に身を置き、暗殺などにも手を染めている。
 過去の悲しい出来事から、二人の間には決定的な確執が生まれ、ここ数年は連絡も取り合っていなかった。

 アレックスは、莫大な利益を生み出す画期的な暗号化プログラムを開発したリチャード・ヒルゾーイの代理人となって特許事務などに携わり、製品化後の手数料収入を踏み台にして法律事務所で共同経営者に名を連ねることを狙っている。

 そんなある日、ヒルゾーイが殺される。
 さらにこのプログラムを審査していた特許局の係官も殺害される。
 そして、謎の敵はアレックスの自宅に侵入し・・・・。

 九死に一生を得たアレックスは、敵の魔手から逃れるために兄ベンに助けを求めるのだが・・・。

■感想など

 08年に映画化された『レイン・フォール/雨の牙』(出演:椎名桔平、長谷川京子 他)の原作者で、CIAで戦略スタッフだった作者によるサスペンス。
-◆-
 画期的なセキュリティソフトのもととなる暗号化プログラムを巡る攻防がストーリーの柱。
 弁護士のアレックスが見えない敵から命がけで逃れるストーリーは小気味いい。

 実際にCIAスタッフだった著者の経験が活かされていて、リアリティな諜報の世界が書き込まれていて、テンポ良く読み終えました。
-◆-
 アレックスとベン、そしてアレックスの同僚女性弁護士が正体不明の敵と攻防を広げるのだけど、スケールの大きさはそれほどでもないかな・・・。
 敵の正体に関する謎解きにもそれほどのサプライズは感じない。

 そのあたりを差し引いても、それなりに面白かった。
 大傑作ではないけど、まずまずの作品でした。


ブログランキングブログランキング


★映画版レインフォール

(DVD)レイン・フォール/雨の牙 コレクターズ・エディション (レインフォール)

★小説版レインフォール

レイン・フォール/雨の牙






海外ミステリー | 13:27:47 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。