QLOOKアクセス解析
 

PING送信プラス by SEO対策

■プロフィール

ピカードパパ

Author:ピカードパパ
FC2ブログへようこそ!

■ブックマークボタン

ブックマーク

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
沼田まほかる(著)「アミダサマ 」★★★★☆
第五回ホラーサスペンス大賞受賞作家による、傑作ホラー小説。
アミダサマ

アミダサマ

価格:1,680円(税込、送料別)


■内 容

 工藤悠人は、耳鳴りのように聞こえる何かに呼ばれて、廃車置き場に捨てられた冷蔵庫のもとへやってきた。
 そこには、同じように導かれてやってきた近隣の寺の住職、筒井浄鑑も・・・。
 見知らぬ二人は、冷蔵庫の中から届く”コエ”に応えて、扉を開く。
 冷蔵庫はズック以外は衣服もつけていない幼女が閉じ込められていた。
 ズックに書かれた名前を手掛かりに、彼女の身元を突き止め、ミハルという名も判明。
 浄鑑が寺に引き取り、浄鑑の母・千賀子とともにミハルを育てるが、やがて寺の周りの集落に変異が起き始め・・・・。

■感想など

 アミダサマ----仏教の死生観を背景に、静かにジワジワと迫ってくるホラー小説。
 欠片も派手さが無いのがイイ。

 可愛がった猫の死を受け入れられないミハルは、死を許さず、現世に呼び戻し、浄鑑の母・千賀子にその猫が憑き、徐々に性格が変わっていく。
 のどかだった町では突然自殺者が出たり、悪い噂話の輪が広がったり・・・・。
 人や町が少しずつ変化するが、ミハルが働きかけて変化しているわけではなさそうで、ミハルの存在そのものが周囲に尋常ならざる影響を及ぼしている様子。

 ・・・この国全体、それどころか世界中がタガが外れたみたいになってきてるじゃないか。新聞を読んでみろよ、親が子を殺したり、子が親を殺したり、無差別に何人も殺したり、そうかと思うと、カエルが絶滅するかもしれないだの、巨大クラゲが大量発生だの、現実離れのした話は数え上げたらきりがないよ。その上旱魃だ、洪水だ、地震だ、ハリケーンだ----。まったく、世界の終りも、そう遠いことではないのかもしれないと、ついつい考えたくなるよ。
 登場人物が口にしたこのフレーズが言い表すように、はっきりした形はないけど、世の中を少しずつ不吉な混沌へと向かわせる何かの気配を感じさせる物語・・・。
 振り返ると、そこには制御不能な何かがありそうな・・・。
 まとわりついてきそうな雰囲気が、えもしれず不気味。
-◆-

 声ならぬ、コエが聞こえる工藤悠人は壊れていく。
 浄鑑も、不本意な形で母を失うことになる。
 ミハルを中心に、堕ちていく。
 そして、ミハルも・・・。
 親の因果や、輪廻転生を感じさせながら、物語は閉じていく。

 不可思議で独特の雰囲気が何とも言えない作品。
 軽さを排した大人の読書に堪える小説です。



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

九月が永遠に続けば

九月が永遠に続けば

価格:660円(税込、送料別)





スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

ホラー | 12:17:38 | トラックバック(0)
スティーヴン・キング (著)「セル(上)(下)」★★

セル(上巻) セル(下巻)

■内 容
 バツイチ男の主人公クレイがボストンに滞在していたある日の午後3時3分。
 携帯電話を使用していた人々が突然凶暴化して殺し合いを始め、自動車事故や飛行機墜落が相次いで街は修羅場と化した。
 後に“パルス”と呼ばれた現象はあらゆる街で起こり、人々は携帯狂人へと変化していた・・・。
 クレイは別居中の息子を案じて探索の旅を始めるが・・・・。

■感想など
 『呪われた町』を読んでからスティーヴン・キングとは四半世紀のお付き合い。

 『シャイニング』『キャリー』『クージョ』『スタンド・バイ・ミー』『ミザリー』『ダーク・ハーフ』『ザ・スタンド』『IT』『ランゴリアーズ』『バトルランナー』『図書館警察』『ドロレス・クレイボーン』『デッド・ゾーン』『グリーン・マイル』などなど、出版されたら手にせずにはいられない時期があり、一時は小生が最も読みたい作家でした。
 映像化された作品『ショーシャンクの空に』『スタンド・バイ・ミー』『グリーン・マイル』などの映画もお気に入り。
 しかしながらさすがのキングも、最近は引き出しの中身を出し尽くした感があって”ハズレ”作品も出てきた感じ・・・この『セル』は、そのさいたるものでした。
-◆-
 主人公クレイが“パルス”によりカタストロフィに見舞われた街で出会った口ひげの小男トム、15歳の少女アリスとともに行方の分からなくなった息子を捜す旅を続けるのですが、ドキドキ・ワクワク感が薄く、いまいちメリハリがない。
 クレイと旅の仲間の間の人間関係や息子への愛情についても『スタンド・バイ・ミー』『グリーン・マイル』などで感じた温かさは出ていません
-◆-
 “パルス”で凶暴化した暴徒より、『シャイニング』のイカレたオジサン一人の方が怖かった。
 『クージョ』の犬の一匹の方が怖かった。
 『ミザリー』のオバサンの方が怖かった。
 ”携帯狂人”なる集団は、既に手垢の付いたゾンビ風の設定で怖くない。
 ”携帯狂人”の首領的存在も絶対的な強さや怖さを持っていない。
 ホラーの帝王と呼ばれたキング作品とは思えないインパクトの無さ・・・。
 そして“パルス”という現象の原因追及がないのが勿体ない。
-◆-
 この作品はスティーヴン・キングによる『幼年期の終わり』だったのかなぁ。
 かつての輝かしい諸作品と比べてしまうので、本作品では満足出来ませんでした。
 残念。


 ショーシャンクの空に / ティム・ロビンス







ブログランキングブログランキング





ホラー | 08:03:44 | トラックバック(0) | コメント(0)
藤木 稟 (著)「イツロベ」★★★★★
イツロベ
イツロベ

 アフリカにボランティアとして赴任し、謎の部族と接触した医師「間野」が主人公。
 熱病に冒され、やむなく日本に帰国するが、アフリカで見た女の亡霊?が現れるなど、次々と不可解な事件に巻き込まれ追いつめられる間野。
 過去の記憶が不連続に浮かび上がり、複雑に事件と絡み合う。

 読み進みながら、自分まで現実世界から引きずり込まれそうな怖さをおぼえました。
 超一級のホラーでありSFであり、ミステリーでもあり、突き抜けたスゴイ作品です。

 巻末の田中啓文の解説も面白くて、読んで得した一冊です。 

★7インチカラーモニターポータブルDVDプレーヤー 『ZTO-252』
★7インチカラーモニターポータブルDVDプレーヤー 『ZTO-252』





ホラー | 13:21:51 | トラックバック(0) | コメント(0)
乙一 (著)「ZOO」★★★★★
Zoo Zoo

 傑作ホラー短編集「ZOO」
 自分の声を使って動物や人間を思うように出来る超能力少年の心の痛みを描いた「神の声」ほか、傑作短編集。

 ようやく乙一氏の小説を読むことになりました。
 噂に違わず「凄い」
 童話のようなホラーや、笑えるホラー、背筋が凍るホラーなど、どの作品も水準以上で作者のパワーがみなぎっている。
 リチャード マシスン、筒井康隆などの作家と並ぶ高水準の作品ばかりです。
 最近のS・キングより面白いかも。
 力作です。

【送料込】Canon デジタルカメラ「PowerShot A400PSA400BL」キャノンPSA400空(SORA/ブルー)...
【送料込】Canon デジタルカメラ「PowerShot A400PSA400BL」キャノンPSA400空(SORA/ブルー)...





ホラー | 08:32:21 | トラックバック(0) | コメント(0)
PAGE UP

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。