QLOOKアクセス解析
 

PING送信プラス by SEO対策

■プロフィール

ピカードパパ

Author:ピカードパパ
FC2ブログへようこそ!

■ブックマークボタン

ブックマーク

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
訃報 翻訳家の浅倉久志さん逝去~SF黄金期を懐かしむ
 翻訳家の浅倉久志さんが心不全でお亡くなりになった。
 79歳。
-◆-

 小生はSF小説が好きで、高校生だった約30年前から浅倉久志さんが訳された本には大いにお世話になりました。
 江戸川乱歩が、エドガー・アラン・ポーをもじったペンネームであるように、”浅倉久志”という名が、SF界の巨星、故”アーサー・C・クラーク”を元にしたペンネームであることも有名。
-◆-

 アマゾンで検索して、小生のお気に入りだった浅倉久志さんの訳本を探し出すと・・・。
  • A・E・ヴァン・ヴォクト著『スラン』
  • フィリップ・K・ディック著『高い城の男』『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』
  • カート・ヴォネガットJr『タイタンの妖女』『プレイヤー・ピアノ』
  • ポール・アンダースン著『タウ・ゼロ』
  • ロジャー・ゼラズニイ著『地獄のハイウェイ』
  • A.E.ヴァン・ヴォクト著『宇宙船ビーグル号 』
  • ハル・クレメント著『重力の使命』
  • ジェイムズ・ブリッシュ著『宇宙零年(宇宙都市シリーズ)』
  • フィリップ・ホセ・ファーマー著『階層宇宙の創造者(階層宇宙シリーズ)』
  • ハリイ・ハリスン著『銀河遊撃隊』『宇宙兵ブルース』『人間がいっぱい』
  • サミュエル・R・ディレイニー著『プリズマティカ』
  • ジョン・ヴァーリイ著『へびつかい座ホットライン 』
  • マイクル・クライトン著『アンドロメダ病原体』
  •  などなど、キリがないほです。(短編も含めると、本当にキリがない)
     あらためて思い出すと、痺れる名作ばかりで、SF黄金期が懐かしい・・・。
     (小生にとっては、リアルタイムで読んだ本でも、もはや古典の域に達してるから、歳を感じます。)
    -◆-

     こうしてみると、多くのSF作家の著作を読んできたと言うより、浅倉久志さんの訳文を驚くほど沢山読んできたんだと、思い知らされます・・・。
     浅倉久志さんの訳文は、ちゅんと日本語になっていたから、これ程多くの作品を読破できたんだと思います。(上手くない訳者にかかると、訳文が日本語になっていない本も結構ありますからねぇ・・・。)
     今思うと、浅倉久志さんとか矢野徹さんらが翻訳してる作品だったら、きっとこの本は面白いはずだと考えて、本を買っていた気もします。

     浅倉久志さんのご逝去で、なんだか、小生の50年ほどの人生の一部を失ったような気分になってきました。

     衷心よりご冥福をお祈りします・・・。




    スポンサーサイト
    感想以外 | 21:42:59 | トラックバック(0) | コメント(0)
    「グイン・サーガ」の栗本薫さん逝去~まだ56歳なのに~
     栗本薫が・・・・。

    (毎日新聞) - Yahoo!ニュース
    栗本薫さん56歳=作家 世界最長の「グイン・サーガ」は未完に 5月27日11時41分配信 毎日新聞
     「グイン・サーガ」「ぼくらの時代」などの作家、栗本薫(くりもと・かおる、本名・今岡純代=いまおか・すみよ)さんが26日午後7時18分、すい臓がんのため死去した。56歳。葬儀の日程などは未定。


    【ご病気だとは・・・】

     NHK・BSでアニメ版の「グイン・サーガ」が放映されはじめてまだ間もないのに・・・・。
     ご病気だとは知らなかった(知ってる人は知っていたようだけど)から、小生には「急逝」って印象で驚きました。

     「グイン・サーガ」の刊行が始まった時からリアルタイムでしばらくは読み続けていたけど、就職して読書時間が減ったり息切れしてしまい途中でリタイア。(ペリー・ローダンシリーズとグイン・サーガはさすがに長い・・・・)
     濃密な描写が印象的で、日本製ファンタジーの先駆け的な力作でした。

    【色々な思いが・・・】

     SFマガジンに連載されてたのは『レダ』だったかなぁ・・・。(結構好きだった作品) 
     で、この人、多作というかジャンルの幅が広くって、SF色が薄まったような感じがしてガチガチのSFファンだった小生からすると、それが疎ましく思えたことも・・・。(小生の勝手な思い込みや天の邪鬼です)

     また、評論家・中島梓という顔も持っていたせいか、なんか主張が強そうな感じが鼻について引いちゃった部分もあります。(これも、おそらく小生の勝手な思い込みです)

     SFマガジンの編集長と結婚したんだっけ・・・なんか、そういうのも生々しくって小生が栗本作品から離れた一因でもありました。(これまた、小生の勝手な思い込みが原因です)


     とにかく56歳は若い。
     職場だったら定年まであと4年残っていて、組織の中枢を占める年代なのに・・・。




    感想以外 | 12:50:35 | トラックバック(0) | コメント(0)

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。