QLOOKアクセス解析
 

PING送信プラス by SEO対策

■プロフィール

ピカードパパ

Author:ピカードパパ
FC2ブログへようこそ!

■ブックマークボタン

ブックマーク

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
TV放映「K-20 怪人二十面相・伝」★★★★☆ 巧い!
金曜ロードSHOW!
「K-20〈TWENTY〉 怪人二十面相・伝」


現代社会では『怪人二股男=塩谷瞬』が情報番組のネタとして盛り上がっておりますが、本家(?)の『怪人二十面相』は良いですねぇ。
-◆-

北村想の原作『怪人二十面相・伝』は読んでるのに、映画館での公開時には見逃していたんですけどね、思っていたより面白かった。

映画「K-20 怪人二十面相・伝」はなかなか、たいした出来栄えです。
-◆-

原作本では、江戸川乱歩が作り上げた”怪人二十面相ワールド”の手触りが凄くうまく再現されているのですが、映画では原作の骨格を活かしながらも映像ならではの魅力を加え、原作とは別の世界観が出来上がっていました。

画面全体にダークな雰囲気が匂い立つ1949年の夜の「帝都」なんてのは、映像的にかなりカッコいい。

そういう帝都や、黒マスクに黒マントの二十面相は、どことなく映画『V フォー・ヴェンデッタ (05年・米英独)』を連想させます。

ロンドンでの爆破シーンと、テスラ塔が爆発するシーンも、ほんの少し被ります。
-◆-

平吉の二十面相を追う兵隊の軍服やヘルメットが、なぜか二次大戦中のドイツ兵風・・。
これがイイ!!

町もアジアの香りが有ったり、無国籍なムードがイイです!!
非日常的な映画世界が素敵です。

ハリウッドほどは金をかけられないけど、懸命に映画世界を作ろうとしてる感じがとてもイイ。
-◆-

バットマンとスパイダーマンを足したような遠藤平吉 (金城武)のアクションも面白かったですね。
本物・二十面相と平吉がテスラ装置を巡って戦う場面にも見入ってしまいます。

羽柴葉子(松たか子)がオートジャイロを飛ばして平吉をすくいあげる場面も痛快。
松たか子がジブリのヒロインになったみたいで魅力的でした。
-◆-

「テスラ」「組木パズル」などの”ガジェット”もダークミステリな雰囲気を際立たせました。
巧いですね。

ニコラ・テスラを思い浮かべるだけで、なんともいえない雰囲気がでますよ。
-◆-

俳優さんがいっぱい出ているわけでもないけど、金城武、松たか子、國村隼ら配役の妙を感じさせました。
ナイスキャスト!!

松たか子のラストも面白かったですね。
-◆-

元ネタである江戸川乱歩ワールドに、海外映画やジブリの味付けを混ぜ合わせて、ファンタジックな作品になっていました。




にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

DVD・映画・映像 | 09:17:45 | トラックバック(0)
TV放映「K-20 怪人二十面相・伝」★★★★☆ 巧い!
金曜ロードSHOW!
「K-20〈TWENTY〉 怪人二十面相・伝」


現代社会では『怪人二股男=塩谷瞬』が情報番組のネタとして盛り上がっておりますが、本家(?)の『怪人二十面相』は良いですねぇ。
-◆-

北村想の原作『怪人二十面相・伝』は読んでるのに、映画館での公開時には見逃していたんですけどね、思っていたより面白かった。

映画「K-20 怪人二十面相・伝」はなかなか、たいした出来栄えです。
-◆-

原作本では、江戸川乱歩が作り上げた”怪人二十面相ワールド”の手触りが凄くうまく再現されているのですが、映画では原作の骨格を活かしながらも映像ならではの魅力を加え、原作とは別の世界観が出来上がっていました。

画面全体にダークな雰囲気が匂い立つ1949年の夜の「帝都」なんてのは、映像的にかなりカッコいい。

そういう帝都や、黒マスクに黒マントの二十面相は、どことなく映画『V フォー・ヴェンデッタ (05年・米英独)』を連想させます。

ロンドンでの爆破シーンと、テスラ塔が爆発するシーンも、ほんの少し被ります。
-◆-

平吉の二十面相を追う兵隊の軍服やヘルメットが、なぜか二次大戦中のドイツ兵風・・。
これがイイ!!

町もアジアの香りが有ったり、無国籍なムードがイイです!!
非日常的な映画世界が素敵です。

ハリウッドほどは金をかけられないけど、懸命に映画世界を作ろうとしてる感じがとてもイイ。
-◆-

バットマンとスパイダーマンを足したような遠藤平吉 (金城武)のアクションも面白かったですね。
本物・二十面相と平吉がテスラ装置を巡って戦う場面にも見入ってしまいます。

羽柴葉子(松たか子)がオートジャイロを飛ばして平吉をすくいあげる場面も痛快。
松たか子がジブリのヒロインになったみたいで魅力的でした。
-◆-

「テスラ」「組木パズル」などの”ガジェット”もダークミステリな雰囲気を際立たせました。
巧いですね。

ニコラ・テスラを思い浮かべるだけで、なんともいえない雰囲気がでますよ。
-◆-

俳優さんがいっぱい出ているわけでもないけど、金城武、松たか子、國村隼ら配役の妙を感じさせました。
ナイスキャスト!!

松たか子のラストも面白かったですね。
-◆-

元ネタである江戸川乱歩ワールドに、海外映画やジブリの味付けを混ぜ合わせて、ファンタジックな作品になっていました。




にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村




テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

DVD・映画・映像 | 09:15:53 | トラックバック(0)
敢えて2Dで「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」★★★★☆
「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」を家族で観に行きました。
『PART1』が、ひたすら逃避行に終わったので、派手さのある『PART2』は活劇として楽しめました。

活劇度 ★★★★★
編集  ★★
恋バナ ★★
19年後 ★★★★
ハグリッド★

勝手な想像だけど、この映画、本当はもっと長いんだけど、なんとか130分にまでカットしたって印象・・・。
ぶつっと切れちゃう感じの場面が何か所かありました・・。

あと、なんとなく話が分かりにくい場面も・・・。
根本的なところで行くと、3つの死の秘宝「ニワトコの杖」「蘇りの石」「透明マント」が、物語で凄く意味があるような感じが薄く、どちらかというと『分霊箱』の方がキーになってたようで、なんか収まりが良くない。

「ニワトコの杖」だけをとっても、スネイプのだったとかドラコのだったとかで、結局ハリーのものだったことになるんだけど、今一つすんなりと腑に落ちない・・・。
ダンブルドアの弟の半端な感じも・・・。

でも、そういうことを抜きに、『グリンゴッツ銀行』の金庫内の場面と金庫番ドラゴンや、『必要の部屋』でハリーたちが炎に襲われる場面や、『ホグワーツ』での壮絶な戦いなど、活劇映画としては単純に楽しめました。

悪と戦うために、みんな一生懸命なのが良い。
-◆-

ロンとハーマイオニーが『分霊箱』を破壊したら、凄い勢いの水がドバーッと押し寄せてきて、なんとか難を逃れた二人がキスする場面・・・。

ああ、いとしのハーマイオニーがロンと激しくキスするなんて~~~。
あの熱烈さは、日本人では考えられない~~~。

『PART1』で美しく成長したハーマイオニーに目が釘づけになったんだけど、今回も胸元の空いた服を着たハーマイオニーに、鼻の下が伸びまくり・・・。
-◆-

赤ちゃんの時からハリーの身体のなかにヴォルデモートの一部が入り込んでいて、ヴォルデモートを滅ぼすためにはハリーが死ぬ必要があるという話になって、一度ハリーが死んで天国的な場面でダンブルドアと話をする場面・・・。

小学生の娘は、死ぬために今まで生かされてきたハリーの運命に涙ポロポロ。

で、彼女はこの映画を夏休みの放送感想文の題材にする予定なんだけど、上手くまとめられるのやら・・・。
-◆-

ホグワーツに攻め込む巨人やデスイーター・・・。
迎え撃つ兵馬俑みたいな魔法兵たち・・・。
ホグワーツにおける陰惨な戦いは、『エンジェル・ウォーズ』を彷彿とさせます。
死人もいっぱい出ちゃって・・・・。

マクゴナガル先生、カッコいい!!

(エンドロールで『GIANT』が3人クレジットされてたので、なんか可笑しかった。)
-◆-

蘇りの石が発動した後、シリウス・ブラックやハリーの両親らの幽霊(?)が登場して、いつも一緒だとハリーを励ます・・・。
ハリーは主にお母さんとシリウスに話しかけ、お父さんにはあまり積極的に話に行かない。
これだから男親は寂しい・・・。
-◆-

ネビル・ロングボトムがヴォルデモートの蛇・ナギニをグリフィンドールの剣で斬り殺したり、最後の決戦でもう降伏かと思われた時に一演説ぶったり、美味しいところで目立つ活躍。

ネビルって「ヴォルデモートを打ち破る力を持つ2人の子供」の1人やったのね・・・。
なんか、登場人物が多すぎて、ネビルがそんなにメジャーな役目を負ってるってことが頭に入ってなかった・・・。
-◆-

話が前後するのだけど、スネイプがハリーの母・リリーに恋い焦がれ、思い続けてたってくだりは、『三角関係のもつれ』を引きずってるみたいで、あまり好きじゃないわ。

ハリーの母とスネイプの守護霊がともに鹿であることの意味も、無粋な小生にはよう分からん・・・。
-◆-

ハリーがヴォルデモートに勝利してメデタシ、メデタシ・・・。
(ドラコ親子がなにか役目を果たすのかと思いきや、単に逃げただけやった~~~。)

ヴォルデモートって、あそこまで皆が恐れるほど強かったんやろか??
意外に、大したことなかったような気もしないでもない。
”ダースベーダー”と”ヴォルデモート”では、どちらが悪や闇の象徴として上かなぁ・・・。
小生は、やっぱり”ダースベーダー”かな・・・。
-◆-

戦いが終わって19年後。
ハリーとジニー夫妻(地味婚や)の息子、”アルバス・セブルス・ポッター”や、ロンとハーマイオニー夫妻の子供や、ドラコ夫婦の子供が汽車でホグワーツ魔法学校へ向かう・・・。

ハリーの息子(アーサー・ボーエン)は異常に可愛い男の子やねぇ・・・”アルバス・セブルス・ポッター”の新冒険を観たくなるやないの。
シリーズ開始時には可愛かったダニエル・ラドクリフが、いかつくなったから、余計にアーサー・ボーエン君が可愛らしく見えちゃう。

で、恋バナ的にはハリーは地味でしたね。
最初は、ハーマイオニーと恋仲になると思い込んでいたのに、チョウ・チャンに恋したり、最後は地味なジニー・ウィーズリーと結ばれるし・・・。

で、19年後のハリーはオッサンで、ジニーは本当にオバサンぽくって・・・。
あれ、メイクだけであんな風に出来るのか、CGかなにかで加工してる??
-◆-

小生は、軽い斜視(斜位)があって、3D映画を見ても脳内で立体映像として認知しない『3D難民』であることと、小学生の娘が「3Dで見るのは怖い」というので、あえて2D版鑑賞。

ヴォルデモートが負けて身体が散り散りになる場面だとか、よみがえりの石が浮かんでる場面、スネイプの涙を入れた水盤が浮かんでる場面とか、ゴブリンが運営するグリンゴッツ銀行の金庫にトロッコみたいなので向かう場面や、あれやこれやが「3Dに見えたら面白そうやなぁ」と思いながら鑑賞。

でも、『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン・3D』を観ても、平面にしか見えないんだから、『3D難民』には叶わぬ夢であります。

ブログランキング・にほん	ブログ村へ


テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

DVD・映画・映像 | 11:10:56 | トラックバック(13)
DVDで観た木村拓哉の「SPACE BATTLESHIP ヤマト」はデジャブ満載!?
木村拓哉の「SPACE BATTLESHIP ヤマト」をTSUTAYAで借りて観ました。

VFX ★★★★
ストーリー ★★
森雪    ★

アニメ版をリアルタイムで見た世代なので、映画館には怖くていけませんでした。
TSUTAYAで借りて、ようやく内容をチェックした次第です。
-◆-

VFXは、まずますです。
ハリウッドとは桁違いの予算でも、このレベルのVFXは作れるんですね。
とはいえ、もっともっと宇宙戦シーンだとかを増やせないのは、やはり予算の制限か・・・。


イスカンダルに向かって発進して、直後にガミラスの惑星ミサイルを波動砲で撃ち落とした後、もうもうたる煙からヤマトが抜けだしてくる場面は、艦首からの正面のカットで見たかったかな・・・。
アニメだと、艦首から進んでくるヤマトは良い絵になるんだけど、CG版だとパースが正確過ぎて迫力が出ないからだろうなぁ・・・。
-◆-

ガミラス側の艦隊は、オリジナルとは大きな違いがあって、『GALACTICA/ギャラクティカ』(リメイク版)のサイロン艦隊に近いかなぁ・・・。

宇宙戦闘機ブラックタイガーのコックピットも、どことなく『GALACTICA』の戦闘機バイパーを思わせるし、ブラックタイガーのパイロットになっちゃってる森雪は、『GALACTICA』のスターバックことカーラ・スレイス的な男勝りさを見せます。

そもそも、ガミラス星人そのものも、ヒューマノイドではなく、『スターシップ・トゥルーパーズ』の昆虫野郎どもを想起させる。

”ガミラス星/イスカンダル”での地上戦シーンも、地球人のやられ方がエグい点など、すごく『スターシップ・トゥルーパーズ』っぽい。

アナライザーが、戦闘機のナビゲーターとして機能するところは、思いっきり『R2-D2』ですしね。

古代のコスモゼロが変形するのは、ちょっぴり『マクロス』してました。

そんなこんなで、『GALACTICA』やら『スターシップ・トゥルーパーズ』やらの記憶のせいか、デジャブを感じる場面が少なくありませんでした。
-◆-

「キムタクの古代進なんて」と思っていましたが、DVDを見終ってからは「木村拓哉しか仕方ないのかなぁ」って感じ・・・。

ほとんど出番のない古代守役の堤真一がカッコ良かったなぁ・・・。

森雪役を黒木メイサが演じるなんて話にならないのですが、女神のような森雪に黒木メイサが合わせるのではなく、黒木メイサのキャラクターに力技で森雪を合せちゃうという逆転の発想で乗り切ってるから凄い!?

怖い森雪なんてあり得ないので、たまたま森雪と同姓同名の別人を黒木メイサが演じてるって感じです。

あと、古代と森雪のロマンスも、なんか唐突感が強かったなぁ・・・。
-◆-

ガミラス星とイスカンダルが兄弟星ではなく、一つの惑星で、ガミラスとイスカンダルは集合体生命の裏と表だという解釈はアリだと得心できましたけど、スターシァがいないのは淋しいな。

集合体生命の思考が実体化したデスラーは、伊武雅之さんが声を演じていて「ヤマトの諸君・・・」と古代たちに話しかけてくるから救いがありました。
やっぱ、デスラーは、伊武雅之さんじゃないとね。

そういう意味では、アナライザーの声が緒方賢一さんであることもヨカッタ。
-◆-

ドラマ部分は、ほとんどキムタク一色で、他の俳優さんはみんな脇役??
あっという間にイスカンダルに着いて、あっという間に地球に帰ってくるから、ストーリーが濃厚になるはずもないし・・・。

で、東日本大震災を経てから見ると、ガミラスの遊星爆弾で地上が放射能汚染されてることはキツイ。
キムタクが潜水服みたいな防護服で地上に出る場面とかがキツイ。

当分の間は、水爆実験の影響で生まれた『ゴジラ』とか、放射能汚染で地球が滅亡しかける『ヤマト』は、神経に触ってしまうのかなぁ・・・・。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

DVD・映画・映像 | 21:19:00 | トラックバック(0)
パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉~”黒ひげ”が好き。
家族5人で映画「パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉」(吹き替え版)を見てきました。
大雑把な物語でしたが、途切れることのない活劇で退屈しませんでした。

「生命の泉」の聖杯をさがす『インディー・ジョーンズ』的物語は、ロンドンや『LOST』みたいな島など、随分と陸上の部分が多くて海賊映画とは思えない(陸サーファー的)ような気もしますが、テンポが良くて面白いからOK。

ストーリーも結構”雑”なんだけど、前へ前へ物語を進めるエネルギーが強力だから、少々テキトーでも得心出来ちゃった。
製作者の想像力、創造力に脱帽です。
-◆-

いきなりだけど、エンドロールの途中で帰ってはいけません。
最後に、ペネロペ・クルスが出てくる思わせぶりな場面があります。
-◆-

さて、ジョニー・デップは別格として、今回登場した史上最恐の海賊“黒ひげ”(イアン・マクシェーン)の存在感が良かった。
クリンゴンのガウロン総裁が歳を取ったような顔つきや振る舞いで、良い表情(悪い顔)してる。
また、英国海軍に寝返った片足のバルボッサ(ジェフリー・ラッシュ)もデカい顔が何とも言えず良い感じ。

タコ顔のデイヴィ・ジョーンズほどのインパクトは無いけど、小生はこの二人の大物海賊が好き。

あと、出番は少ないけどジョージ2世(リチャード・グリフィス)の漫画チックな風体も面白かったですよ。
-◆-

「生命の泉」までの大きなハードルは凶暴な人魚。
昔のパニック映画『殺人魚フライングキラ-』の魚みたいに凶暴な人魚!!
大挙して英国海軍の軍艦を襲い、水兵を食べちゃうし船は沈めちゃうし、凄いの何って!!
-◆-

黒ひげに捉えられていた宣教師フィリップ・スウィフト(サム・クラフリン)と、彼が救った人魚シレーナ(アストリッド・ベルジュ=フリスベ)の物語って、本筋とは妙に無関係に進む気がしたけど、なにしろサム・クラフリンの恐ろしく端正な顔立ちに魅入られそうな感じ。(小生はノーマルのオッサンではあるけど)
思いっきり男前で、あれなら人魚もKOされるわ。

儚さを漂わせる美しい人魚シレーナが瀕死のフィリップを救い、水底に連れて行くんだけど、あの後どうなるのかなぁ・・・。
”竜宮城”みたいな所があるのかぁ??
-◆-

ドーナツを立てたような岩の中に水がしたたり落ちてく「生命の泉」
このフォルムが”スタートレック”(宇宙大作戦=TOS)でマッコイが飛び込んでいった『時の門』とよく似てた。

あと、「生命の泉」が存在する場所は、不思議な水たまりから入っていく『ホッタラケの島』を連想・・・。
-◆-

スペインに敵愾心を燃やすジョージ2世の「カトリック勢力vsプロテスタント勢力」を匂わせる言動や、宣教師フィリップ・スウィフトの様々なセリフ、そしてスペイン軍は「生命の泉=永遠の生命」の獲得を狙っているのではなく”異教徒の聖地”を破壊することが狙いだったことなど、宗教的な部分は、信仰心がほとんどゼロの小生には理解が難しい部分です。

この前テレビ放映されてた『地球が静止する日』だとか、ニコラス・ケイジ主演の『ノウイング』なんてのもキリスト教的宗教観がプンプン匂ってきましたし、なんか理解できない世界観がありますわ・・・。
-◆-

そんな細かい話は抜きにして、最初から最後まで間延びするシーンが無く、活劇映画として面白かった。

第5作目が有りそうな気配を漂わせていましたが、どうするんでしょうね。
-◆-

映画開始前の予告編で感じたこと。
『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』の、思いっきりビルが倒壊する場面は「9.11」直後だと放映しにくかっただろうに・・・10年の月日の流れですね。
一方、『タンタンの冒険/ ユニコーン号の秘密』の予告編で、ユニコーン号が砂漠を走ってきたと思ったら、後ろから大波がドバ~~ってくる場面で”津波”を連想して心がザワザワ・・・。
「9.11」「3.11」に思いが至る予告編でした。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

DVD・映画・映像 | 13:20:41 | トラックバック(17)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。